現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

ニュース・イベント

  • 阪急電車オリジナルグッズ
  • ニュース・イベント
  • 壁紙カレンダー

「3100系引退記念」ヘッドマークを掲出

2016年6月17日(金)~7月8日(金)(予定)

3100系最後の1編成もついに7月引退!

架線電圧を600Vから1,500Vへ昇圧するにあたって、床下にあるスイッチで簡単に電車側の対応電圧を切り替えられるようにした「昇圧即応車」として、神戸線・宝塚線に1964年(昭和39年)より急ピッチで増備がすすめられた3000・3100系。

3100系は、宝塚線用としてモーター出力や歯車比などが宝塚線の運行速度に合わせた設計で作られた車両で、宝塚本線を中心に活躍していました。
のちに箕面線・今津線・伊丹線などの支線に活躍の場を移し、近年は最新車両1000系の増備の影で廃車が進んでおりました。

現在では、伊丹線に3150×4Rの1編成が活躍するのみとなっており、その編成も7月に引退の予定となっております。(3000系についてはまだ数編成在籍)

日本の高度経済成長期に、ご乗客の増加に対応するための様々な施策の中、架線電圧の昇圧という大仕事の陰の立役者として誕生・活躍した3100系に惜別の思いを込めて、「おつかれさま」「惜別」のヘッドマークを掲出します。

伊丹線を走る最後の3100系(3150×4R)

「3100系引退記念」ヘッドマーク
掲出期間 2016年6月17日(金)~7月8日(金)(予定)
※車両整備の都合で運用に入らない日もあります
※6月17日は午後から掲出予定
掲出編成 3150×4R(伊丹線にて運用)

【お知らせ】
車両運用に関するお問い合わせはご遠慮下さい。

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2