現在の運行状況 現在、20分以上の列車の遅れはございません

IC定期券ご利用方法

乗車券のご案内TOPへ

他の乗車券との併用、現金等での乗り越しはできません。

IC定期券と他の乗車券(定期券・回数券・ラガールカードなど)との併用はできません。
また、乗り越し精算を現金等ですることもできません。

IC定期券面区間外の駅に乗り越しの場合

乗り越し駅までの別途乗車区間はPiTaPa決済にてご利用いただきます。

他の乗車券(磁気定期券、ラガールカード等)で精算することはできません。

IC定期券面区間外の駅よりご乗車の場合

ご乗車駅から定期券面区間までをPiTaPa決済にてご利用いただきます。

他の乗車券(磁気定期券、ラガールカード等)で精算することはできません。

IC定期券の通用期間外は通常のPiTaPa決済(ポストペイ)となります

IC定期券の通用期間外にPiTaPaカードの利用を制限することができます

IC定期券の通用期間外にPiTaPaカードの利用を制限することができます。この設定により、定期券の期限が切れていることに気づかずに改札機をご利用になり、通常のPiTaPa決済でご乗車になることを防ぐことができます。

定期通用期間外の交通利用

する IC定期券の通用期間外の利用が可能
設定を変更されない場合は「する」になっています。
しない IC定期券の通用期間外の利用を制限
定期券面区間外・全国相互利用対象エリアでも利用が制限されます。
※大阪市交通局以外のバスでは利用制限されません。

定期通用時間外の交通利用「しない」場合

設定変更の受付場所

  • 阪急電鉄定期券発売所でのIC定期券購入時
  • 阪急電鉄各駅(係員にお申し出ください)
  • 能勢電鉄平野駅・山下駅(係員にお申し出ください)

IC定期券区間内ではオートチャージされません

オートチャージは相互利用対象エリアをご利用の際に必要なカードへのチャージをPiTaPaエリアの改札機などで自動的に行なうサービスです。
オートチャージ設定されているPiTaPaカードでも、IC定期券面区間でご利用の際にはオートチャージされませんので、ご利用前に券売機などで現金によりチャージしてください。
(IC定期券面区間外のPiTaPaご利用時には、オートチャージされます。)

改札機でのICカード電子音案内について

IC定期券の通用期間が残り14日以下になった場合、自動改札機ご利用時に通常の案内音とは異なる音でお知らせする電子音案内の設定が可能です。また、電子音案内の設定が「する」の場合はJR西日本ICOCAエリアご利用時に必要なチャージ残額によっても電子音が変わります。
設定されない場合は音声案内「しない」になっています。

  乗車区間 定期券面区間内 定期券面区間外
  チャージ残額 - 1,001円以上
(小児501円)
1,000円以下
(小児500円)
電子音案内 しない ピッ ププッ ププッ
する 通常 ピッ ププッ ピピピッ
定期券通用期間が
残り14日以下
ピッピッ ピッピッ ピピピッ

他のPiTaPa社局の改札機ご利用時も同様です。

設定変更の受付場所

  • 阪急電鉄定期券発売所でのIC定期券購入時(定期券購入申込書の設定欄にご記入ください)
  • 阪急電鉄各駅(係員にお申し出ください)
  • 能勢電鉄平野駅・山下駅(係員にお申し出ください)

現在お持ちの磁気定期券をIC定期券に発行替えできます

定期券発売所・赤色の券売機(IC定期券対応券売機)で現在お持ちの磁気定期券をIC定期券に発行替え することができます。(無手数料)

ご利用履歴・明細表示について

IC定期券ご購入時
PiTaPa決済で購入されたIC定期券についてのみご利用明細に表示されます。(現金・デビットカード・クレジット決済で購入された場合は表示されません。)
IC定期券ご利用時
IC定期券の券面区間内のご利用については、乗降日や乗降駅などの情報がご利用履歴・ご利用明細に表示されません。(IC定期券の券面区間外のご利用は表示されます。)

ICカードの有効期限切れに伴うカード更新の際には、IC定期券の発行替え手続きが必要です。
(定期券発売所のみ:手数料無料)

【ICカードの有効期限満了によるカード更新時の手続き】

  1. 新旧2枚のICカードを定期券発売所にお持ちください。
  2. 旧カードから新カードに、IC定期券の発行替え手続きを行ってください。
    (赤色の発売機ではカード更新時のIC定期券の発行替えはできません)

※発行替え手続きを行わずに、そのままご利用になると、通常のPiTaPa決済でのご乗車となります。
必ず、新しいICカードのご利用前に、定期券発売所でIC定期券の発行替えを行ってください。

IC定期券の紛失・盗難時には、再発行が可能です。(手数料※1が必要です)

【IC定期券の紛失・盗難時の手続き】

  1. PiTaPaコールセンター紛失・盗難デスクへご連絡ください。
    (STACIA PiTaPaカードなどの提携カードの場合は、各紛失盗難時の連絡先へもあわせてご連絡ください。紛失・盗難時の連絡先はこちら
  2. 紛失されたIC定期券は定期券発売所にて磁気定期券で再発行をいたします。※2(身分証明書など、本人確認書類が必要です。)
  3. 新しいPiTaPaカードがお手元に届きましたら、各駅に設置の赤色の券売機(天神橋筋六丁目・神戸高速線花隈を除く)または、定期券発売所にて磁気定期券からIC定期券に発行替えを行ってください。※3
  • ※1 PiTaPaカードの再発行手数料とIC定期券の再発行手数料が必要です。
  • ※2 再発行の磁気定期券紛失盗難時には、再度定期券を再発行することはできません。
  • ※3 発行替え手続きを行わずに、そのままご利用になると、通常のPiTaPa決済でのご乗車となります。必ず、新しいICカードのご利用前に、定期券の発行替えを行ってください。

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2

ダイヤ検索は11月8日から運転の臨時列車に対応しております。なお、平日運行(11/17~11/21)の臨時列車には対応しておりません。