現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

安心、快適、夢、感動 阪急未来線

施設情報 全線

踏切の安全性向上にむけての取り組み

踏切内での異常を発見されたとき・・・

踏切の安全性向上にむけての取り組み

踏切警報機が鳴り始めた踏切内に取り残されそうになった経験はありませんか?、鉄道と道路が交差する踏切は、万一事故が発生すると大きな被害を引き起こします。
歩行者の渡り遅れや転倒など、踏切での危険な状況を目撃された場合に非常ボタンを押していただくと、接近している列車の運転士に対して「停止信号の表示」「特殊信号発光機の点滅」により踏切の異常を知らせます。またATS(自動列車停止装置)により自動的に非常ブレーキを動作させ列車を停止させる仕組みとなっています。
踏切での異常を発見された場合は、迷わず・速やかに非常ボタンを押していただきますようご協力をお願いします。
当社では全線262箇所の踏切すべてへの押しボタン設置を進めており、2017年度末に設置が完了する予定です。
なお、同じく踏切の安全性向上を目的として、何らかの理由で踏切遮断機が降下しない場合列車を停止させる「未降下検知装置」の整備も非常押しボタンの整備に併せて進めております。

  • 踏切での異常を発見されたら、迷わずに踏切非常ボタンを押して下さい。

  • 踏切非常ボタンの位置を示すピクトグラムを設置しています。

担当者インタビュー

整備までの道のり

過去の悲惨な踏切事故などを鑑みて、踏切の安全性向上を目指して踏切非常ボタンの整備を進めてきましたが、ようやく全踏切への整備が見えるところまで来ました。
当初は、踏切非常ボタンのみの設置で進めていましたが、踏切内からの踏切非常ボタンの視認性を向上させる為に、ピクトグラムを設置することになり試作品を作成し試行錯誤を繰り返しながら現地調査を何度も行いました。踏切一つ一つ設置環境が違いますので、状況に合わせた設置箇所を見つけるのに大変苦労しました。
整備するにあたっては運輸部門・施設部門と調整・協議を進めて行ってまいりました。夜間作業を何度も行って度重なる機能確認試験をこなしながらここまで進めて来ることが出来たのは、携わった人達全員の協力のお陰だと思います。
全踏切整備完了まであと少しですが、これまで通り安全を第一に工事を進めてまいりますのでご理解とご協力をお願いいたします。

※ 記載の内容は、2016年12月時点での情報です。

阪急電鉄(株)
技術部 電気計画

安藤 哲也

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2