現在の運行状況 【京都線】電車に遅れが発生しています

安心、快適、夢、感動 阪急未来線

施設情報 京都方面

桂駅の構内トイレを
リニューアル

洋便器を増やし、
超節水型便器を採用
落ち着いた色づかいの内外装に

桂駅の構内トイレをリニューアル

桂駅のトイレが2013年10月末にリニューアル工事を完了しました。

リニューアルで大きく変わったのは、男性用トイレを省スペースとしたことにより、女性用トイレがより広くなり、洋便器の数が増えたこと。また、超節水型の便器を採用したことにより、環境への負荷を軽減することにもつながっています。

桂駅は、嵐山や京都市中心部への起点となる駅です。内外装は「和」をイメージする落ち着いた色づかいとし、ごあんないカウンターにも採用している土壁風の仕上げと色調を合わせました。さらにトイレ内の壁面を白系にするなど、清潔感を大切にしたデザインとしました。

  • 広くなった女子トイレ。照明は温かさを感じさせる色。手洗いの鏡のほかにも大きな姿見も設置しました。

  • 男子トイレ。3つのトイレブースのうち2つが洋便器。扉は木目調の柄で落ち着いた雰囲気となりました。

担当者インタビュー

リニューアル設計にあたったのは女性社員
目指したのは、落ち着いた色づかいと清潔感

2013年7月に着工してから3カ月、仮設トイレをご利用いただくなど、お客様には不自由やご迷惑をおかけしました。おかげさまで、予定どおりに工事を進めることができ、秋の行楽シーズンまでに、工事を無事に完了することができました。ご協力ありがとうございました。

実は今回、設計を担当したのは女性の設計者なんです。内装色調はトイレブース扉の茶系・床面の黒系と壁面タイルを白系にすることで、「落ち着いた色づかい」と「清潔感」という2つの要素をどちらも実現でき、使いやすいトイレになったのではないかと思っています。また、構内の限られた空間での工事でしたが、建築工事、設備工事、電気工事と協力しながらつくっていくことができました。

ご利用のお客様に、気持ちよくご利用していただけたら幸いです。

阪急設計コンサルタント(株)
第二建築部

志谷順矢

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2