現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

安心、快適、夢、感動 阪急未来線

施設情報 神戸方面

完成!
園田駅ホーム改良工事

特殊な工事車両を使用して

完成!園田駅ホーム改良工事

2014年10月に神戸線の園田駅のホームが生まれ変わりました。
1978年に現在の高架駅となって30年以上が経ち、ホームの舗装などに傷みが目立つようになったため、ホームの舗装とタイルを全面的に交換いたしました。
園田駅は高架上にホームがあるため、どのようにして、工事材料を運んだか、不思議に思われる方もおられると思います。線路上を走行できる特殊なトラックを使用して材料を運搬しました。園田駅から約1.6Km離れたところにある踏切で、特殊なトラックをそのまま線路上を走行させて園田駅まで運び、トラックから工事材料をホームにおろして舗装やタイル工事を行いました。
もちろん、最終電車から始発電車までの深夜の時間帯の作業です。舗装とタイルの工事と併せて、ホーム土台部分のコンクリートが傷んだ箇所の補修も同時に行いました。
今後も引続き、安心して快適にご利用いただける鉄道を目指して努力してまいります。

  • アスファルト材を積んだ特殊なトラックを踏切で線路に載せているところ。

  • 駅でアスファルト材を取りおろして舗装しているところ。

担当者インタビュー

今後も「安全・安心・快適な輸送サービスの提供」を心掛けて努力してまいります

当工事では、工事の大部分が列車運行をしていない最終電車から始発電車までの限られた時間内で、資材搬出入用に線路上を走行できる特殊なトラックを使用し、約半年間で73回(2台/1回)、往復約3.2Kmを運行させました。
高架上の駅の補修は始めての事もあり、トラックの運行にあたり、社内関係部署と綿密な打合せを行い、また、工事に従事する関係作業員全員に緊急時の脱出訓練等の安全教育を行いました。
工事着手から工事竣工まで約半年間日々細心の注意力をもって無事故無災害で工事を完成させる事が出来ました。
工事期間中は沿線住民の皆様には工事に対するご理解やご協力を頂き、本当に感謝しております。

※ 記載の内容は、2015年3月時点での情報です。

阪急設計コンサルタント(株)
下田 功

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2