現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

安心、快適、夢、感動 阪急未来線

施設情報 全線

洗練された統一感あふれる
梅田駅へ

梅田エリアの「顔」にふさわしい駅空間の再生

洗練された統一感あふれる梅田駅へ

2010年7月に先行着手したJR高架下部通路のリニューアルを含めると、約5年もの長きにわたる梅田駅リファイン工事が完成しました。
リファインは「洗練する」という意味。今ある空間の良さ・ポテンシャルを活かしながら、空間を洗練するという意味を込めて、「リファイン工事」と名付けて取り組んできました。また“劇場空間 阪急スタイル”をデザインコンセプトとし、「華やかさ」や「エレガントさ」をより追求し、上質な駅空間(=劇場空間)の創出を目指してきました。
特に、通勤や買い物、待ち合わせ等のお客様が絶えないBIGMAN広場は、行き交う人々を主人公に見立てた劇場(STAGE)として、大きな天井・柱の意匠でシンボル性を高め、天井を照らす照明は時間帯で色が変化し、空間の雰囲気を演出しています。
このBIGMAN広場を見下ろせる2階通路の一画には、ベンチや植栽風装飾を配した休憩コーナーも整備しました。
他にも、各階コンコースや改札廻りの内装イメージの一新に伴い、案内サインや広告媒体等を一体整理して洗練を図り、温かみのあるランプ色のLED照明を統一的に用いて、明るすぎず落ち着いた空間として全体を整えました。

  • お客様をお迎えする駅エントランスにはゲートが新設され、より分かりやすい目印になりました。

  • BIGMAN前広場の調光演出。朝は朝日をイメージした白色の光で爽やかに。

  • 夕方~夜にかけては温かみのあるオレンジ色の光で、穏やかな雰囲気を演出しています。

担当者インタビュー

日本最大級の私鉄ターミナル駅を40年ぶりに一新
新たな阪急梅田駅の歩みが始まる

梅田駅リファイン工事は、先行着手部を含めると約5年にわたり、ほとんどを終電後から翌日始発までの夜間工事で実施してきました。工事に際してはお客様の安全を最優先に、一部通路の閉鎖や縮小等でご不便をお掛けすることもございましたが、無事竣工に至ることができました、この場を借りて感謝申し上げます。
梅田駅が阪急百貨店のコンコースから北側に移転して以来約40年ぶりのリニューアルでした。その間に変化・変遷してきた状況を見つめ直し、より洗練された駅空間を創出するための再生工事として、デザインや品質にこだわりを持ち実施してきました。また時代のニーズにあわせ、案内サインの充実、休憩コーナー整備等を通じて機能を付加し、照明のLED化により省エネルギー化も図りました。生まれ変わった梅田駅に対して、どのような印象をお持ちでしょうか。梅田駅が新たな歴史を歩むなか、引き続きお客様と共に歴史を刻み、末永く愛されることを願っています。

※ 記載の内容は、2015年3月時点での情報です。

阪急電鉄(株)
技術部(建築・設備担当)

樋口大介 / 渡辺次郎

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2