現在の運行状況 【京都線・千里線】お詫びがございます

券売機・改札機

乗車券のご案内TOPへ

券売機の種類

各券売機の主な機能のご案内

赤色の券売機

赤色の券売機

きっぷ・回数券(きっぷタイプ・カードタイプ)・レールウェイカード・定期券(予約・継続)がお求めになれます。
ICカードへのチャージ(入金)も可能です。高額紙幣(5千円札・1万円札)も使えます。

赤色の券売機のご利用方法

青色の券売機

青色の券売機

きっぷ・回数券(きっぷタイプのみ)・レールウェイカードがお求めになれます。
ICカードへのチャージ(入金)も可能です。紙幣は千円札のみ使えます。

緑色の券売機

緑色の券売機

きっぷ・回数券(きっぷタイプのみ)がお求めになれます。
ICカードへのチャージ(入金)も可能です。紙幣は千円札のみ使えます。

改札機2枚投入のご案内

阪急電鉄の改札機は乗り越しの際に乗車券を2枚重ねて投入することができます。
これにより、精算機を使用することなくスムーズに出場が可能です。

※定期券・回数券・普通券・レールウェイカード・スルッとKANSAIカードなど、他社線からの乗車券(きっぷ・回数券・定期券)や他社線連絡の乗車券も、他の乗車券やレールウェイカード・スルッとKANSAIカードとの2枚投入でご利用いただけます。

改札機にきっぷを2枚投入できる場合

下車時に他社線連絡の乗車券を使用する場合

河原町から桂駅までの普通券(190円)で、淡路駅まで乗り越し、下車の際に桂駅から大阪市営地下鉄、日本橋駅まで連絡定期券と2枚投入。

下車時に他社線連絡の乗車券を使用する場合の例

乗車時の乗車券が阪急線まで有効でない場合

神戸電鉄・鈴蘭台駅から湊川駅までの普通券(350円)で梅田駅まで乗り越し。下車の際に、神戸電鉄・湊川駅から梅田駅までの連絡定期券と2枚投入。

乗車時の乗車券が阪急線まで有効でない場合の例1

能勢電鉄・日生中央駅から平野駅までの定期券で梅田駅まで乗り越し。下車の際に(500円)以上の残額があるレールウェイカードやスルッとKANSAIカードと2枚投入。

乗車時の乗車券が阪急線まで有効でない場合の例2

2枚投入で改札機をご利用いただけない場合

下車時に不足金額を超える券面表示金額の回数券(回数券カード)を使用する場合

神戸三宮駅から岡本駅までの普通券(190円)で十三駅まで乗り越し。下車の際に不足金額(130円)に対して280円区間の回数券(回数券カード)と2枚投入。

改札機にきっぷを投入できない場合の例1

※不足金額を超える額面金額の回数券(回数券カード)を使用する場合は精算機もご利用いただけませんので、駅係員にお申し出ください。
※不足金額の精算時に使用される回数券(回数券カード)が他社線連絡回数券(回数券カード)の場合もご利用いただけません。

乗車時の乗車券が梅田経由の大阪市営地下鉄と阪急線との連絡定期券で天六経由でご乗車の場合

大阪市営地下鉄・なんば駅から梅田経由。茨木市駅までの連絡定期券で梅田を経由せず、天神橋筋六丁目を経由して高槻市駅まで乗り越し。
下車の際にレールウェイカードやスルッとKANSAIカードと2枚投入。

乗車時の乗車券が梅田経由の大阪市営地下鉄と阪急線との連絡定期券で天六経由でご乗車の場合の例2

※不足金額の精算に使用される乗車券が回数券(回数カード)の場合もご利用いただけません。
※大阪市営地下鉄からの乗車券と梅田経由の連絡定期券を天六経由でご利用いただいて、阪急線で降車される場合も2枚投入はできません。

  • 団体数取券を使用する場合
  • 入場券・出場証を使用する場合
  • 券種(大人・小児など)が一致しない場合
  • 他社線連絡の普通券・改札券を阪急線のみでご利用の場合

神戸高速線から神戸電鉄の連絡きっぷなど、方向変更等により阪急電鉄へ乗り越しされる普通券・改札券についても2枚投入はご利用いただけません。

ICカードは他の乗車券と組み合わせてお使いいただけません

PiTaPaカードやICOCAカードなどのICカードは乗り越し精算(精算機・改集札機・窓口精算のいずれも)など、他の乗車券と組み合わせてご利用になれません。

フェアライトシステムのご案内

正しくご乗車いただくためのイメージ画像

フェアライドシステムは、正しく(fair)ご乗車(ride)いただくためのシステムです。
その仕組みについて、わかりやすくご説明いたします。

フェアライドシステムについて

裏面が銀色の磁気定期券に乗車時と降車時に印字を行います

  • 神戸市営地下鉄線、阪急線、阪神線、山陽線、神鉄線、神戸高速線、北神急行線の各線内定期券およびこれら各社間の連絡定期券の裏面は銀色です。その他の社局との連絡定期券等は黒色です。(能勢電鉄は裏面黒色のみ)
  • 裏面が銀色の定期券で改札機をご利用の際、定期券の裏面に乗車時には日付を、降車時には日付に重ねて=をそれぞれ印字します。
    ※改札機のご利用状況により、一部印字しない場合があります

利用情報を磁気記録します

  • 1枚の定期券を複数のお客様が、連続して使用(入場→入場、出場→出場、精算→精算)することはできません。
  • 定期券でご乗車の際、改札機を利用されなかった場合は、降車時に改札機での出場ができません。
  • 裏面が黒色の定期券では印字をしませんが、特に理由がある場合以外、磁気記録します。

入場券の有効時間は、入場後2時間以内です。(神戸市営地下鉄線、阪神線、能勢電鉄線を除きます)

  • 入場後2時間を超えた場合は、係員にお申し出ください。2時間を超過するごとに入場料金をいただきます(阪急線)。
  • 入場時は、改札機を必ずご利用ください。ご利用されなかった場合は、改札機での出場ができません。

定期券でご乗車のお客様に

定期券でご乗車のお客様にお願いです。ご乗車の際は必ず改札機をご利用ください。
定期券でご乗車の際、改札機を利用されなかった場合は、降車時に改札機で出場いただけませんので、ご注意ください。

他の乗車券で乗車し、定期券で降車される場合

他の乗車券で乗車し、裏が銀色の定期券で降車される場合

  1. 降車時に、乗り越し精算機に乗車券をお入れください。
  2. つづいて、定期券をお入れください。
  3. 不足金額の表示がある場合には、現金または、レールウェイカードやスルッとKANSAI対応カードをお入れください。(不足金額がない場合は、そのままお待ちください)
  4. 定期券が返却され、出場証(または精算券)が発券されます。
  5. この出場証(または精算券)で改札機をご利用ください。

ご協力のお願い

フェアライドシステムはすべてのお客様に正しくご乗車いただき、公正で公平なご利用を実現するために導入いたしました。このような趣旨をご理解いただき、みなさまのご協力をお願いいたします。

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2