復興訓練ページへ
避難誘導訓練ページへ

復旧訓練

列車脱線により損傷した軌道を車両が走行できるように戻す

軌道変位の復旧訓練

列車脱線により損傷したレール締結装置の更換、道床のつき固め、レールジャッキによるゆがんだレールの整正、軌道検測・点検を行い、車両が走行できる状態に復旧します。その後、自動車により破損したフェンスの代用にガードフェンスを設置します。

重い車両をジャッキで持ち上げ横移動

車両の脱線復旧訓練

地震等による脱線の復旧作業は、事故の場所や状況によって作業が異なるため、さまざまな状況を想定した訓練が必要となります。どんな場所でも安全かつ迅速に復旧できるようにするため、当社宝塚線平井車庫に曲線部等の悪条件を再現した訓練場所を設置して技術の習得を行っています。

日頃の鍛錬がものをいう電気設備の復旧作業

電車線・信号ケーブル復旧訓練

電車線は約5メートルの高さに張られており、担当社員が自らの安全を確保しながら、高所で復旧作業を行います。また、断線した信号ケーブルの復旧にあたっては、接続したケーブルや機器の動作確認試験を行うとともに、接続状態について複数の係員が入念にチェックを行います。