現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

〈B.社外環境啓発〉環境に関する情報発信

安全・快適・環境の取組みTOPへ

お客様と一緒に環境について考える機会をつくるため、駅や電車をメディアとして環境メッセージを発信しています。

1.駅における情報発信

CO2排出量削減・省エネの取組みのページで紹介した、カーボン・ニュートラル・ステーション摂津市駅では、通常、広告を掲出する看板について、そのすべてを環境をテーマにしたもので統一し、民間・行政が環境情報を発信しています。
また、ホーム背壁には、環境メッセージ列車と同様の装飾を施しています。

駅看板・広告

2.電車による情報発信~環境メッセージ列車

環境メッセージ列車は、外観に環境をイメージさせるラッピングを施工し、車両内部のポスター等すべての媒体について環境をテーマに統一したものです。なお、これらの環境メッセージ列車では、車両も省エネタイプの車両を使用しています。

(1)エコトレイン 未来のゆめ・まち号(’08.12.1~’09.7.31)

阪急阪神ホールディングスグループの社会貢献活動「未来のゆめ・まちプロジェクト」の開始にあわせ、NPO法人 環境市民の企画監修のもと、5つの企業の協賛、環境省・近畿運輸局等の後援、沿線の多数の自治体の協力を受け、神戸線・宝塚線・京都線に各1編成ずつ列車を運行しました。
産官民で多数の関係者が連携して環境メッセージを幅広い人に発信したことが評価され、第11回 グリーン購入大賞の最高の賞である環境大臣賞を受賞しました。
この列車の詳細については、こちらをご覧ください。

エコトレイン

(2)カーボン・ニュートラル・トレイン 摂津市駅号(’10.3.14~’10.7.31)

摂津市駅開業を記念して、摂津市駅の環境施策をPRするとともに、エコトレインに引き続き、環境メッセージを発信する列車として、京都線に運行しました。
この列車では、摂津市駅同様、兵庫県の森林保全による排出枠を活用することで、列車運行に必要な電力の発電時のCO2 267tをオフセットしました。

摂津市駅号

(3)未来のあかり号(’10.12.17~’11.3.31)

前照灯を除くすべての照明をLED化した車両の導入にあわせて、神戸線に運行しました。
この列車では、車内の液晶ディスプレイやポスターなどで、省エネルギーの呼びかけや、阪急電鉄およびグループの環境施策の紹介、環境省が新たに展開する「SMARTMOVE」キャンペーンに関する情報を紹介しました。
この列車の詳細については、こちらをご覧ください。

未来のあかり号

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2

2019年10月1日に運賃改定を実施いたしました。