現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

悠遊一日紀行

沿線おでかけ情報TOPへ

すべてのコンテンツを表示する

家々の間にひっそりと佇む小さなお寺で、境内のイチョウの木は高槻の古木にも指定されています。 ※阪急富田駅下車 南東へ約500m

大阪府高槻市西五百住町8-26

清蓮寺は、富田酒の蔵元清水家の菩提寺で、天正12年(1584年)の創建。江戸時代の文人・荻生狙来の門人の入江若水の墓があり、小じんまりしているが、緑が多くて美しいお寺です。 ※阪急富田駅下車 南へ約400m

大阪府高槻市富田町4-1-4

江戸時代の『摂津名所図会』にも載っている大伽藍が、ダイナミックで印象的です。 ※阪急富田駅下車 南へ約550m

大阪府高槻市富田町4-4-27

寿酒造は、地酒「国乃長」で知られる造り酒屋です。富田は江戸時代に酒づくりで栄えた土地で、そんな歴史が感じられる土地柄です。 毎年、お酒とビールの蔵開きイベントも開催されています。 ※阪急富田駅下車 南西へ約400m

大阪府高槻市富田町三-26-12

普門禅寺には、室町時代の管領・細川晴元の墓があります。見事な庭園もありますが、参拝は予約が必要です。 ※阪急富田駅下車 南へ約650m

大阪府高槻市富田町4-10-10

農家の蔵を改造した手打ちそば屋の貞寿庵。前身は民族資料館で、モダンジャズが流れる中で、地酒も楽しめます。食事は靴を脱いで蔵の2階で。 ※阪急総持寺駅下車 北西へ約350m

大阪府茨木市総持寺1-12-31

西国二十二番札所として、多くの人が訪れる総持寺。寺の周りには古い街並みが残り、お参りの気分を盛り上げます。総持寺を開山した藤原山蔭は、平安時代に宮中料理の諸作法を整えたことから「料理の神様」として有名。毎年4月に行われる庖丁式では、平安時代の装束に身を包んだ庖丁士が、雅楽の調べに合わせて華麗な庖丁さばきを奉納しています。 毎年12月に、広々とした境内を無数の竹灯籠が照らす「いばらき竹灯籠」は、茨木市が大分県竹田市と「歴史文化姉妹都市提携」を結んだことを記念して始まった催しです。16時になると、両市で作られた約6,000基の竹灯籠に一斉に光が灯され、境内は柔らかな光でいっぱいに。地域の中学校吹奏楽部による演奏や、竹を使った名産品の出品、茨木名物がそろう飲食ブースが、神秘的な境内を一層盛り上げます。 ※阪急総持寺駅下車 北西へ500m

大阪府茨木市総持寺1-6-1
072-622-3209

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2

2019年10月1日に運賃改定を実施いたしました。