現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

イベント情報 沿線おでかけ情報TOPへ

特別展「黄昏の絵画たち―近代絵画に描かれた夕日・夕景―」(神戸市立小磯記念美術館)

闇に包まれる前のひとときを、うつろいゆく空の色。一日の終わりを告げるとともに、繰り返し訪れる明日を予感させる黄昏時の情景は、いつの時代も人びとの心を魅了してきました。
西洋の絵画においては、夕陽の強い逆光のもと情感豊かな風景を描き出したテオドール・ルソーらバルビゾン派の画家たちをはじめ、変化する夕方の光をカンヴァスに描きとめたモネやシスレーら印象派の画家たち、さらに20世紀のモダニズムの展開の中で、夕景というテーマは連綿と取り上げられてきました。
日本でも、明治初期に来日したフォンタネージや、その大きな示唆を受けた高橋由一(ゆいち)らによって豊かな夕景の表現が生み出されました。また、和田英作ら白馬会の画家たちは、人びとを太陽の光があたたかく照らす夕方の情景を残しています。日本画においても、菱田春草(しゅんそう)や小野竹喬(ちっきょう)らにより心惹かれる夕景が描かれました。
本展では、西洋と日本の夕景約170点を展覧し、「黄昏の絵画たち」の豊かな世界をひもときます。※12月17日より一部作品の展示替えがあります。

■開催日時
2019年11月16日(土)~2020年1月26日(日)
午前10時~午後5時
※入館は閉館の30分前まで

■休館日
月曜日(ただし1月13日は開館)、12月29日~1月3日、1月14日

■場所
神戸市立小磯記念美術館

■料金
一般:800(600)円、大学生:400(200)円
※( )内は30名様以上の団体
※高校生以下は無料
※神戸市内在住で65歳以上の方は400円
※障がい者手帳など持参の方は無料

■アクセス
阪急神戸線・岡本駅または御影駅下車、南側よりみなと観光バスにて「ウエストコート3番街前」下車、北へすぐ

■WEBサイト
http://www.city.kobe.lg.jp/a45010/kisyasiryo/20191017845806.html

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2

2019年10月1日に運賃改定を実施いたしました。