現在の運行状況 お詫びがございます
阪急電鉄の創業者「小林一三」

「小林一三」への理解を深める

小林一三の思いが詰まった池田の地
「小林一三記念館」「逸翁美術館」「池田文庫」((公財)阪急文化財団)

小林一三記念館

小林一三の旧邸「雅俗山荘」も展示室として活用し、小林一三の事績が紹介されている施設。若い頃の小林一三から、鉄道、住宅開発、宝塚歌劇など、生涯に展開した様々な事業の軌跡を、より深く知ることができます。
庭園では一三が茶会を開いていた茶室を見ることもでき、一三が考案した椅子席の茶室「即庵」は必見です。
小林一三の命日(1月25日)には、氏を偲ぶ「逸翁白梅茶会」も毎年開催されています。

逸翁美術館

小林一三が集めた、絵巻、絵画、陶磁器、漆芸品など多岐にわたるコレクション(約5,500点)を収蔵する美術館で、年4回、様々なテーマの企画展を開催しています。
館内の売店では、展覧会の冊子や小林一三や収蔵品に関連したグッズなどを購入できるほか、美術館内には一三が考案した椅子席の茶室「即庵」を再現した「即心庵」があり、企画展開催中の土・日・祝にはお抹茶とお菓子を楽しむこともできます。

マグノリアホール

美術館に併設される140席程の小ホール。スタインウェイのピアノを備え、クラシックや宝塚歌劇関連のコンサートが開かれる他、舞台を組んで伝統芸能の公演などに供しています。
ホームページ:
https://www.hankyu-bunka.or.jp/magnolia-hall/

池田文庫

宝塚歌劇をはじめ、演劇・歌舞伎に関する図書・資料を多数集めた「宝塚文芸図書館」の資産を引き継ぎ、阪急電鉄の資料も所蔵する図書館。
図書については、ホームページより検索でき、閲覧室にて無料で閲覧が可能です。

最寄り駅:宝塚線・池田駅

地図

宝塚歌劇の100年の歴史と現在を知る「宝塚歌劇の殿堂」

宝塚歌劇100周年(2014年)を記念して宝塚大劇場内に開館した施設。
殿堂ゾーンでは、小林一三をはじめとする宝塚歌劇の発展に大きな貢献をした宝塚歌劇団の卒業生およびスタッフを縁の品とともに紹介しているほか、宝塚歌劇の歩みを知ることができます。
企画展は、年に数回テーマを設定して開催しており、様々な切り口から貴重な資料や映像が展示されますので、何度訪れても発見がある施設です。
また、現在の宝塚歌劇を紹介するゾーンでは、公演のフィナーレで登場する大階段をイメージしたセットを背景に背負い羽根(レプリカ)を背負って記念撮影ができます。

最寄り駅:宝塚線・今津線 宝塚駅

地図

小林一三自筆の主な書籍

逸翁自叙伝

慶応義塾に通っていた頃から三井銀行勤務、大阪財界人としてのさまざまな活動の回想を綴ったもの。1953年(昭和28年)に初版発行

小林一三日記

小林一三が書き綴った日記。明治30年代、昭和10年代、昭和20年から逝去の6日前までの3つの時期に大別され、一三が過ごした日々、感じていた事柄をくみ取るのに最適です。

私の行き方

80年も前の1935年(昭和10年)に初版が発行された本ながら、書き綴られた小林一三の様々な考え方は、現代の仕事や生活に活かせるものもたくさんあります。貴方の行き方の道しるべになってくれるかもしれません。

次に来るもの

1936年(昭和11年)初版発行。当時の小林一三が欧米諸国の視察などで感じ、発想したこれからの日本のあるべき姿。その考え方は、21世紀となった今でも時代を生き抜くヒントとなる点が多いかもしれません。

これらは逸翁美術館内の売店で取り扱っているほか、一般書籍流通でも購入いただけます

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2

2019年10月1日に運賃改定を実施いたしました。