現在の運行状況

読み込み中...
沿線へお出掛け

治虫少年の大切だった場所"宝塚"を「手塚治虫記念館」で発見!

少し前のこと、「手塚治虫記念館」に企画展「'80s ガーリーコレクション "カワイイは時間を超える"」を観に行ってきましたが、「手塚治虫記念館」のことも少しご紹介しときますね。

☆先日のブログはこちら→「'80s ガーリーコレクション "カワイイは時間を超える"」

 

 

IMG_0141_Fotor-umeko171220-2.jpg 

 

宝塚といえば歌劇が有名ですが、忘れてはいけないのが戦後日本の漫画の草分け的存在、宝塚市出身の手塚治虫氏です。

手塚治虫といえば代表作の一つ「鉄腕アトム」のテレビ放送は、白黒でしたが何度も観ました。

リボンの騎士も何度も観ましたが、カラーテレビが出だしだったにもかかわらず、色が綺麗で衝撃的だったのを覚えています(歳は計算しないでください笑)

そんな子ども時代に最初に出会ったアニメーションですから、わたしにとっても特別な存在だといえます。

 

 

 

IMG_0138_Fotor-umeko171220-3.jpg 

 

 

記念館の前には名優ならぬ名キャラクターたちの手形が並びます。

10万馬力のアトムの手はこんなに小さいなんてちょっとびっくり。

かわいすぎますね!

 

 

IMG_0136_Fotor-umeko171220-5.jpg 

 

記念館に入るとカプセルの中に、手塚治虫氏の幼少の頃からのエピソードと作品の原画などが並んでいました。

どれも人並外れた知性と絵の才能を感じさせるものばかり。

幼い頃から虫に興味を持ち、昆虫採集に熱中したり標本を作ったりと、当時から好きなものに対する集中力は並々ならぬエネルギーだったことがわかります。

 

 

IMG_0135_Fotor-umeko171220-6.jpg 

 

たくさんある名作の資料も展示してあって見応えがあります。

年配のファンの方々はそれぞれの思い入れのある作品を懐かしんでおられました。

そして若い方々は日本の文化、漫画やアニメーションがはじまった頃のエネルギーを、つぶさに感じ取ろうとしているようでした。

意外にも若い方が多くて、それはちょっと驚きでうれしいですね。

  

 

 

IMG_0140_Fotor-umeko171220-7.jpg 

 

 

手塚作品を読むことのできる図書コーナーも人気です。

小さい子ども向けの「ジャングル大帝」のような作品から大人向けの「アドルフに告ぐ」まで、幅広い作品も手塚作品の特徴。

親子で楽しんでいる方も多いですよ。

時間を忘れてしまいそうなコーナーです。

 

IMG_0145_Fotor-umeko17122013.jpg

 

 

 

宝塚市民としては治虫少年が子どもの頃に遊んだ宝塚のジオラマがとっても気になりました。

昭和15年ごろの宝塚。

治虫少年の手帳から再現した当時の宝塚です。

治虫少年は手帳の中で、実際の地名とは違った自分の呼び名をつけていたそうです。

ジオラマの右上にはその呼び名と実際の地名、そして現在の状況が書かれています。

瓢箪(ひょうたん)池や蜻蛉(とんぼ)池、猫神社、蛇神社と呼び名をつけるところに、治虫少年にとって大切な場所だったことがわかります。

昔は今より緑が多くて池が多かったんですね。

当たり前ですが開発も進んでマンションも増えました。

ジオラマの中の埋め立てられた池や現存しない建物が時の流れを感じさせます。

その頃を知らないわたしも、ちょっと寂しい気分になりました。

宝塚の魅力は文化的でありながら山がすぐ近くにあって、自然も残されているところですが、それでも昔に比べるとなくなったものも多いんですよね。

虫取り網を手に駆けまわっている治虫少年が目に浮かんで、羨ましく感じました。

 

 

 

IMG_0139_Fotor-umeko171220-12.jpg 

 

記念館の入り口にあったツリーで久しぶりに見ました。

手塚作品に欠かせない謎のキャラクター!

名前は "ひょうたんつぎ" というそうです。

昔懐かしいキャラクターにも会えたり、治虫少年が遊んだ頃の宝塚を思い浮かべたりと「手塚治虫記念館」を楽しみました。

 

 

IMG_0143_Fotor-umeko171220-1.jpg 

 

手塚治虫記念館

兵庫県宝塚市武庫川町7−65

0797-81-2970

公式ホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(2)

梅子2017年12月21日 08:59

ヤスコさん、人間味あふれるエピソードって親近感湧きますね笑。亡くなられて長くなりますが宝塚市民にも日本人にとっても大きな存在。時々マンガを読みに行こうと思います(*^^*)

ヤスコ2017年12月21日 03:25

このカプセルだったかホルマリンの容器をイメージしたものだったかを見るたびに、手塚治虫先生の医師免許証原本が何年もご親族のお手元にあった事件を思い出します。笑 お亡くなりになった際、30日以内に保健所に返納の義務があるのですが、ご親族のどなたもご存じでなく?長いことあったそうで。宝塚市に記念館が出来、レプリカか原本を展示したがために、これは返すものだよーと指摘があり発覚したというエピソードが新聞などで大きく報道されました。多分、今も展示のところにそのことが書いてあったかと思います。あの事件で多くの方が返納漏れに気付いたということで周知に一役かったと学校で習いました。笑

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。