現在の運行状況

読み込み中...
沿線へお出掛け

風見鶏の館・ラインの館で親子探検ツアーが開催されますよ

gneko19072901.jpg

ご無沙汰をしていました。じーねこです。さて、今回、神戸異人館で初めてのプログラムが行われるので、久しぶりに登場させて頂きました。そのプログラムとは、ラインの館と風見鶏の館で行われる「親子探検ツアー」です。

gneko19072902.jpg

昨年度のブログで風見鶏の館で行われた「探検ツアー・執事ツアー・アート&フォトツアー」の3大ツアーを紹介させて頂きました。もちろん、現在も絶賛実施中ですが、今回は夏休みの期間に親子を対象とした探検ツアーを行おうというのです。これは興味深いですよ。

gneko19072905.JPG

というわけで、早速取材させて頂きました。スタートはラインの館から。当然ですが、3大ツアーとは違う資料が用意されていましたね。

gneko19072903.JPG

こちらが子供たちのために用意された取材メモ。洋館というのは、大人でも見方が難しいんですよね。何のガイドもなく見てしまうと「へえ~」と頷いて帰ってくるだけということになりかねません。こういう見るポイントをワーク形式で提示してもらえると助けになりますね。大人用があってもいいかもしれませんよ。あと、最後に「阪神・淡路大震災の被害」という項目がありますね。これ大事ですよ。

gneko19072906.JPG

さらに親子用の異人館クイズラリー。こちらは親子探検ツアーのときだけでなく、8月31日まで行われていますので、お子様と一緒に訪れた方は、ぜひ挑戦してみてください。

]gneko19072909.JPG

挑戦して頂いた方にはもれなく、こちらのオリジナルスタンプを押せるようになっています。特にこちらのラインの館は、じーねこも今回初めて見ました。いいデザインでしたよ。ぜひゲットしてください。

gneko19072907.JPG

さて、いよいよ本編を紹介させて頂こうかと思いますが、まだ8月に3回実施予定ですのでネタバレをしてしまうといけません。そこで、あまり突っ込まずにふわ~っと説明させて頂きますので、あしからず。

gneko19072911.JPG

まずはラインの館。こちらは大人用のツアーもまだあまり行われていないので、とても貴重なプログラムになっています。さて、神戸異人館の特徴のひとつはこの暖炉です。これは外せないですね。特にラインの館は昨年度まで行われていた改修工事の写真が展示されていて、そこから暖炉と煙突の構造がよくわかる資料があります。お子さんでも「へえ~、そうなんや~」と興味を持ってもらえるのではないかと思いますよ。

gneko19072931.JPG

阪神淡路大震災については、このラインの館には大きなパネルで資料が展示されていますので、いい研究になると思いますよ。子供たちにぜひ伝えたい内容です。

gneko19072912.JPG

もちろん、ベランダの紹介も怠っていません。サンルームの形状をしているのになぜ「ベランダ」なのか。なぜこんな大きな窓が付いたのか。床に感じる違和感の正体は。ぜひお子さんと一緒に体験してみてください。建築の醍醐味は空間を楽しむことです。

gneko19072914.JPG

最後に1階の普段公開されていない使用人棟へも突入していきます。スタッフオンリーのこの扉の向こうには、使用人棟の謎が隠されているんです。ラインの館の使用人棟は主屋と一体化しているのですが、今回の改修工事で、かつては違っていたようだということがわかったんです。それがわかるものがこちらに保存されています。

gneko19072915.JPG

おっと、調子に乗りすぎましたね。これ以上写真をアップするとネタバレになります(笑)。詳しくは、ぜひ探検ツアーに参加して実際の目で確かめてみてください。

gneko19072908.JPG

もちろんラインの館のツアーは、これだけでなく、他にも館の魅力や、神戸異人館の魅力をわかりやすく紹介してくれますよ。

gneko19072919.JPG

ラインの館のあとは異人館が建ち並ぶ小径を抜けて風見鶏の館へ。

gneko19072921.JPG

こちらの魅力は何といってもこの華やかな装飾ですね。各部屋で天井の装飾やシャンデリアが違いますからね。それが2階へ行くとガラッと変わります。このあたりの謎にも注目してみてください。

gneko19072923.JPG

ラインの館の暖炉と比べてみると面白いですね。暖炉周りの感じは全く違うのですが、共通点もあります。そうした共通点を探してみるのも興味深いですよ。

gneko19072924.JPG

このベランダも比べてみましょう。ラインの館とはデザインが全く違いますが、大きな窓が付いているのは同じですよね。そういった共通点を意識してみてください。

gneko19072926.JPG

そして風見鶏の館も使用人室へ入っていきますよ。もちろん、使用人用の秘密の階段も通ります。ここを通るだけで、いつもわくわくします。さらに地下室では阪神淡路大震災の資料もあるんですよ。ぜひお話を聞いてみてください。

gneko19072928.JPG

久しぶりの登壇なので、もっと書きたかったのですが、今回はイベント紹介ですので、ネタバレ厳禁ということで、ふわ~っとした内容でご容赦ください。ぜひぜひこの神戸異人館の魅力をお子さんと一緒に体感してみてほしいと思いますよ~。

gneko19072930.jpg

ツアー終了後はぜひ、学問の神様、菅原道真公が祀られている北野天満神社へ参詣してみてください。約60段の階段がちょっとしんどいですが、登りきるとこのような景色がご褒美にゲットできますよ。ぜひ、肉眼で味わってみてください。

この他にも風見鶏の館・ラインの館では『夏休み応援プロジェクト』と題して8月31日まで様々なイベントを企画しています。詳しくはHPをご参照ください。

gneko19072910.JPG

One more thing. ラインの館のショップが着々と充実してきてます。このパンダに囲まれたラインの館が何とも(笑)。

        【風見鶏の館・ラインの館~親子探検ツアー】

            実施日:8月4日(日)・14日(木)・24日(土)

            時 間:各日11:00~(約90分)

            定 員:7~10組(計20名まで受付)

            参加費:無料(大人の方、別途風見鶏の館入館料)

            受 付:当日ラインの館にて10:30より先着順受付

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(0)

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。