現在の運行状況

読み込み中...
2015年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

バベットの「阪急ダイアリー 日々彩々」

暮らしの彩りを探しに、阪急電車で東奔西走

暮らし・地域

意外な接点~4コマまんがの巨匠と阪急電車

こんばんは、バベットです。

朝日新聞に「ののちゃん」を連載している、4コマまんがの巨匠いしいひさいち氏が、かつて阪急沿線の住民だったことをご存知でしょうか?

20150920-006.jpg


いしいひさいち氏といえば、「かんばれタブチくん」「となりの山田くん」などアニメ化された作品(山田くんはジブリ作品!)も多く、人気の高い漫画家さんですね。

関西大学生だったいしい氏が、阪急下新庄駅が最寄りの「仲野荘」というアパートに下宿されていたことは、ファンの間では有名なお話です。

20150920-001.jpg
(出典:屋根の上の午睡/バイトくん全集1 チャンネルゼロ)

いしい氏は、たしか1951年のお生まれですから、ここに描かれた下新庄駅は、1970年代の様子と推測いたします。
今は地下になっている下新庄駅の改札が、まだ地上の木造だったころですね。

20150920-004.jpg


余談ですが、下新庄駅もこの大掛かりな工事が終了すると、高架化されますね。

20150920-005.jpg


上新庄駅も登場していました。
「バイトくん」が某求人情報誌に掲載された時期を考えると、高架化(1975年)される前のお話かも知れません。

上新庄駅の改札は、もともと地下にあって、高架化工事の時は仮設の駅舎が淡路寄りのカーブの途中に出来ていました。電車が傾いた状態で乗り降りしたことが、懐かしい思い出です。

いしい氏の阪急電車は、残念ながらぜんぜん実物に似ていないのですが、フリーハンドで描いた独特の画に、ほっこりする温かさを感じます。吹き出しの文字が手書きなのもいいなぁ。

20150920-003.jpg

(出典:屋根の上の午睡/バイトくん全集1 チャンネルゼロ)


親しみやすいんだけど鋭くエッジが効いている、いしいひさいち氏の作品が大好きで、バーチャル駅長を拝命した時に、いつかこのことをブログでご紹介したいと思っていました。
それで、ある4コマまんがをずっと探していたんです。
 

20150920-007.jpg

 

「千里線の駅名がいくつも登場する」という、ぼんやりとした記憶を頼りに、書店や図書館を当たりましたが、なかなか見つからない。


4月からコツコツと探し始めてつい先日、諦めかけていたときに、ある古本屋さんで出会いました sign01


見つけた瞬間は「あった」って、つい声が出てしまったほどです。

 

 



そのまんがが、これです sign01sign03

20150920-002.jpg

(出典:バイトくん2 プレイガイドジャーナル社)

ね、愉快でしょう?
こういうのを読んだら、いしいひさいち氏がグッと近く感じられますよね。


最後に住民の名誉のために申し上げますと、下新庄や東淀川区は、とてもよいところです。
「ひんみん共和国」というのは、いしい氏の当時の生活状況を表現したものと思われます。

いしい先生、作品を勝手にブログに掲載してすみません。
先生を尊敬して止まない、バベットなりの愛情表現と思ってお見逃しください!


ではでは paper



chick 本日のしゃーわせ
小学生に触発されて練習したら
ランニングマンのステップが踏めるようになった

 

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。