現在の運行状況

読み込み中...
2017年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

こんぺいとうの「薔薇色のオモイデ採集」

おいしい!たのしい!わくわく!素敵なオモイデ集め隊☆

趣味

地獄のスターに会いに行ってみた。『地獄絵ワンダーランド』

地獄巡りから帰還したこんぺいとうです

阪急京都線大宮駅から市バスで移動。
龍谷大学・龍谷ミュージアムで開催中地獄絵ワンダーランドを鑑賞してきました
(前回の記事、秋のホットケーキまつりの前に行って来ました!ホットケーキは地獄からの帰還祝いです。)

2017100421.JPG

昨年から本格的にお寺めぐりを始め、閻魔さまがちょっと気になる存在なんです。まだ彼について知らないことが多すぎて。もっと彼のことを知りたくてやってまいりました。おっと。ミュージアムに入ろうとすると彼に遭遇。

閻魔さまにお仕えできる素敵なパネルがございましたよ!わたくしひとりで行ったのでお仕えできず。最大3名までお仕え可能!

2017100420.JPG

閻魔さまwith部下の歓迎(?)を受け、いざ地獄(展示室)へ!!!

この展示では死後の世界のお偉いさん、閻魔王がフューチャーされています。ワタクシの気になる彼。閻魔王は亡者の罪を裁く10人の王(十王)のうちのひとり。恐ろしい表情の彼、キュートな表情の彼、いろんな閻魔王が勢ぞろいしており、個人的に大満足

他にも死後の世界のスタッフのお仕事が紹介されています。今回気になったスタッフは奪衣婆(だつえば)。
死後のファーストミッションは山を登ること。次は川を渡ります。川はかの有名な「三途の川」。奪衣婆はここで登場。川を渡る前、亡者の着物の重さを計る係。着物の重さ=罪の重さなんですって!橋を渡るか。川の浅瀬を渡るか。厳しい流れの中を渡るか。着物の重さで決まります。大事なお仕事を任されているおばあちゃまは存在感

今回の展示のメインである地獄絵は、幅広い時代のものが展示されています。現代の地獄絵として水木しげる先生の絵本『水木少年とのんのんばあの地獄めぐり』の原画がありました。地獄がとてもわかりやすく描かれた作品です。友人が以前、のんのんばあが水木先生の作品で一番好き!と言っていたのを思い出し、読んでみたくなりました。

展示は2フロアに分かれており、第1展示室が3階。第2展示室が2階。(地獄は大きく8つに分かれており、下に向かうにつれて過酷な責め苦になるそうです。下の階に移動するなんて、まるで地獄に向かっている気分。ヒイイ!と心の中で叫びながら移動したのは内緒です。)
第1展示室では、ミュージアムシアターで上映されている「ようこそ、地獄ツアー」(約12分)をご覧になることをおススメいたします。第2展示室では床に説明書きがありますのでお見逃しなく!その説明をたどって、顔を上げると...!!!!!ぜひ、ご自身の目で確かめてください

ゾクっとするものもあれば、クスッとしてしまうものまでさまざま。その展示とともに、わかりやすく地獄とはなんぞや?という説明がされており、とても楽しく地獄を巡ることができました。図録を購入しましたが、これがまた面白い!図録をみていると、もう一度巡りたくなります。

2017100419.JPG

さあ。地獄の扉を開けて。
地獄のオールスターズに会いに行ってみませんか。


大宮駅下車 市バス206番系統 四条大宮より乗車、七条堀川下車 徒歩約3分
(河原町下車の場合 市バス207番系統 四条河原町より乗車、島原口下車 徒歩約8分)

龍谷大学 龍谷ミュージアム
地獄絵ワンダーランド

11月12日(日)まで開催中。
展示替えあり。前期10月15日まで。後期10月17日から11月12日まで。
10時~17時(入場は16時30分まで)
休館 月曜日(祝日の場合は翌日)

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(4)

こんぺいとう2017年10月17日 12:14

抹茶プリンさま、地獄絵と聞くと腰が引けてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、すごく楽しめました!わたしも2回行けたらなぁと思っています。「ようこそ、地獄ツアー」は落語と人形劇の映像なのですがとても面白かったです!展示にもわくわくする仕掛けがあり、作品の魅力が引き出されていました。わたし目線にはなりますが、これからも楽しいことをお届けできればと思います。いつもありがとうございます。

抹茶プリン2017年10月16日 21:03

こんにちは。記事を読ませていただきました。今回も私にとってとても興味深いテーマでした。地獄絵ワンダーランドで展示してある絵は迫力があり、でもどこか可愛らしい。人をワクワクさせて、でもどこか和む、色々なことを考えながら観ると良いかもしれませんね。前期と後期で分かれていて、2回目を楽しむこともできそうです。上映されている上映されている「ようこそ、地獄ツアー」もとても面白そうです。
いつもこんぺいとうさんの気になるところがとても面白くて記事に載せてくれるたび、とてもワクワクしながら、読んでいます。次回も楽しみにしています。

こんぺいとう2017年10月13日 22:09

ばびさん☆とーーーーーっても楽しかったです!地獄滞在時間は約2時間。満喫してきました!わたしもテレビでその流行についてみた記憶があります。閻魔様に舌抜かれるぞーのその状態が実際見れるので、お子さんにとってはかなり怖い催しかも(笑)ばびさんのアート巡りの記事、わたしもいつもワクワクしながら読ませていただいています!行ってみたくなる記事、これからも楽しみにしています(^^♪

ばび2017年10月13日 19:34

わくわくしながら読ませていただきました☆とーっても楽しそう!こんぺいとうさんが目を輝かせて見入っている姿が目に浮かびます(*^^*)
少し前に、悪さ?を止めないお子さんに地獄絵図を見せる。。というのが流行ったことがありますが、たしかに効果テキメンなのかも??

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。