現在の運行状況

読み込み中...
2016年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

カスタードの「おいしいね~阪急物語」

さぁ、出かけましょう。おいしい阪急の旅へ。

阪急沿線以外

金沢の「ヤマト醤油味噌」

石川県への旅シリーズ(勝手にシリーズ化してます・笑)の最終回は「ヤマト醤油味噌」のことを書きます。金沢市の日本海側に面した大野地区と呼ばれる港の近くに100年以上前から醤油や味噌の醸造元として栄えてきたお店だそうです。地元はもちろんのこと、全国にファンを持つ老舗の醤油&味噌屋さんで、私自身も金沢に来た時には必ず美味しいお醤油を買いに、ここまで足を運びます。

IMG_0775.jpg

IMG_0758.jpgIMG_0761.jpg

最初の写真が商品の販売などをおこなっている「ひしほ蔵」の入口です。蔵造りの趣のある雰囲気の店内には種類も豊富な味噌や醤油が並んでいます。醤油、味噌の原料として使われる糀はここ数年、身体に優しい健康食材として静かなブームが続いていますが、こちらヤマト醤油味噌では糀を使った美味しい甘酒やポン酢、ドレッシングなどの調味料もたくさん扱っています。試食コーナーも充実していて、色んな味を試すことも出来ます。「この調味料はこんな風に使っても美味しいですよ」などと、美味しい食べ方のヒントも教えてくれます。

IMG_0762.jpg

私も生醤油の「ひしほ」、国産原料の「丸大豆醤油」、玄米甘酒がブレンドされた「糀醤油」の3種のお醤油をお土産や自宅用に購入してきました。美味しい調味料をお土産でいただくのって嬉しいですもんね。

IMG_0772.jpg

IMG_0773.jpg

IMG_0771.jpg

商品の販売コーナーの他にも、大人気の醤油&玄米のソフトクリームや、お豆が入ったコロッケや糀カレーなどの販売の他、発酵食美人食堂という名前のお食事処もあります。こちらの食堂は1日限定30食限りの、ねかせ玄米のご飯、ヤマトの調味料や糀をふんだんに使ったおかず数種などのヘルシーなランチをいただけるそうです。雑誌に取り上げられたという写真だけでも超魅力的です!次回には前もって予約してランチ目的に再来店しなければ。。。

IMG_0769.jpg

IMG_0765.jpg

「ひしほ蔵」を奥に進んだところには「ヤマト糀パーク 糀蔵」があります。ヤマト醤油の歴史や糀についての色々な情報、醤油・味噌作りのことをわかりやすく見て回れる、お店の博物館のようなコーナーです。

IMG_0768.jpg

IMG_0766.jpg

IMG_0767.jpg

スペースの奥に置かれたテーブルの真ん中には、糀を溶かし込んだミニお風呂のような「糀湯」が用意されています。この中に3〜5分程度手を浸けておくと、糀の効果で手がしっとりすべすべになるという楽しい体験コーナーもありました。

IMG_0777.jpg

とても身近で大切な調味料である醤油と味噌、それらの原料となる糀などについて、楽しくわかりやすく知ることが出来る「ヤマト醤油味噌」は、醤油と味噌のテーマパークのようなスポットです。

**********

ヤマト醤油味噌(本店 ひしほ蔵)

石川県金沢市大野町4−イ−170

電話番号 076−268−1248

営業時間 10:00〜17:00

定休日 水曜日

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。