現在の運行状況

読み込み中...
2016年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

カスタードの「おいしいね~阪急物語」

さぁ、出かけましょう。おいしい阪急の旅へ。

趣味

「ここはどこ?わたしは誰?」な、世界へ。 〜森村泰昌「自画像の美術史」展〜

大阪・中之島にある「国立国際美術館」へ行ってきました。6月19日までは「森村泰昌 自画像の美術史 私とわたしが出会うとき」という展覧会を開催しています。

IMG_1734.jpg

美術・芸術系のことはちっとも詳しくはない私が、何の知識も先入観も持たずに行った展覧会。今回のテーマ「自画像の美術史」とはどんなことなのかな?と思いながら入場口に向かうと・・・

IMG_1735.jpg

こういった会場の展覧会では珍しく、写真撮影OK(ただし、フラッシュ撮影やビデオ、三脚の使用は不可です)

早速、撮らせていただいた作品を少しずつアップしていきますね。

(そうそう、観覧料は阪急のスタシアカードの提示で、本人のみ一般料金が団体料金扱いと同じ割引になりますよ

IMG_1736.jpg

「何が自画像?これって誰?あれれ?・・・」

IMG_1744.jpg

というのが、会場に入ってすぐの感想でした。自画像?これが?   あ、もしかして・・・・・

IMG_1739.jpg

今回の企画展は、大阪出身で日本の現代美術を代表する美術家、森村泰昌氏が、名画の数々に登場している人物の1人(作品によっては数人)になりきり、その姿を自分の写真に置き換えて作品にしたものを一同に集めて展示しているのです。(伝わりましたでしょうか・・・)

IMG_1740.jpg

要するに!このゴッホらしき人物も、他の作品も全て、ほぼ顔の部分は実は森村氏本人、ということなんです(驚愕)

IMG_1753.jpg

単純に言ってしまえば、名画のコスプレを絵の中でおこなった、ということになるのでしょうか。作品によってはなんとなくそれが怖く見えてしまったり、不気味だったり、そして滑稽な感じにも見えてきたりします。元々のオリジナル作品を知っているものだと、余計にその違和感からくる不思議感覚が何とも言えません。

IMG_1747.jpg

そして。何が何でも、とにかく面白い のです。不思議とその妙な世界に引き込まれるような感覚をおぼえます。

IMG_1749.jpgIMG_1746.jpg

中には訳の分からないような作品(というか殆どがそうです)や、少々前衛的な要素を含んでいるものや奇怪な雰囲気を感じさせるものも。映像作品もあり、不思議なテーマパークに迷い込んだような気分になったのは自分でも意外でした。

IMG_1756.jpg

この作品たちと向き合い、誰もが一度は感じたことのある「《私とは何か?》という問いに対する答えを、感じ取ってもらえたら・・」というのは、作者の言葉です。(森村氏は下の写真、一番左に写っている方です。あ、本当は全員がそうなんですが

様々な作品を観覧することで気持ちがリセットされた気になれるのも、美術館の魅力のひとつかもしれません。

IMG_1764.jpg

会期は6月19日(日)まで。アートなものに興味がある方もない方も、不思議な世界へお出かけしてみてはいかがですか。

***********

国立国際美術館  HP

大阪市北区中之島4−2−55

電話番号 06−6447−4680

開館時間10:00〜17:00

休館日 月曜日

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。