現在の運行状況

読み込み中...
2016年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

カスタードの「おいしいね~阪急物語」

さぁ、出かけましょう。おいしい阪急の旅へ。

趣味

雑想、妄想の世界観〜京都国際マンガミュージアム〜

IMG_7280.jpg

これまで何度もその前を通りながら、まだ行ったことがなかった「京都国際マンガミュージアム」

こちらで10月30日から開館10周年記念企画の「養老孟司/宮崎駿 ふたり展」というイベントを開催していると知り、それに興味をそそられて行ってきました。

IMG_7281.jpg

2006年に開館した「京都国際マンガミュージアム」の建物は、元々1869年(明治2年)に当時の尋常小学校として創立されたもの。

1995年に廃校になった後には建物の改修もおこなわれ、京都精華大学と京都市の共同事業としてミュージアムが作られたそうです。

館内は広く、元学校だった当時の佇まいを残した教室や廊下のスペースが、それぞれ展示室として使われています。

IMG_7283.jpg

こちらは2階にある、手塚治虫の代表的キャラクターのひとつ「火の鳥」の巨大オブジェです。(こちらは撮影可)

IMG_7287.jpg

向きを変えて撮ってみました。尾の部分まで見事な造りになっています。

仏像制作にも用いられる技法の寄木造りで制作され、目の部分には鎌倉時代以降の仏像に多く見られる「玉眼」という技術が使われているそうです。

IMG_7288.jpg

そうと知ると、尚更この眼に引き込まれるような気がしてくるから不思議です。

IMG_7347.jpg

そして、今回の1番の目的だった「養老孟司/宮崎駿 ふたり展」は2階のギャラリー2室が会場でした。

このミュージアムの館長でもある養老氏が趣味で()国内外で集めたという、ゾウムシなど、虫の見事な標本が。

もう1室には、宮崎氏が道楽で()描いたという作品がそれぞれ展示されています。

特に宮崎氏の作品は、彼が幼い頃から好きだったという軍事関係のことを作品に組み込んだものが多く

「くだらないと思いつつ、しかも好戦的な人間でもないのに・・」

などという、彼の言葉と共に紹介されています。

おそらく、とても気を抜いた状態で描かれたのであろう、趣味と雑記といたずら心が織り交ぜられたマンガの展示。

趣味とか道楽という言葉ではもったいない、さすがの作品ばかり。

思わずクスッと笑いがこみ上げてくるようなものもあり、見応えがありました。

「京都国際マンガミュージアム」は、大人から子どもまで、年代を問わず楽しめるミュージアムでした。

**************

京都国際マンガミュージアム HP

京都市中京区烏丸通御池上ル

電話番号 075−254−7414

開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)

ミュージアム入場料 大人800円、中高生300円、小学生100円

休館日 毎週水曜日(11月23日は開館)

※「養老孟司/宮崎駿 ふたり展」は11月27日(日)まで開催。

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。