現在の運行状況

読み込み中...
2016年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

カスタードの「おいしいね~阪急物語」

さぁ、出かけましょう。おいしい阪急の旅へ。

沿線へお出掛け

「京都・東山花灯路2017」で高台寺へ

IMG_2606.jpg

今年で15回目の開催となる「京都東山花灯路」へ行ってきました。

「東山花灯路」に出掛けるのは数年ぶり、今回は3度目です。

1回目の花灯路に出掛けた時はとても寒い日で、震えながら歩いた思い出が。

「あれからもう15年経つなんてね」などと懐かしい話をしながら、阪急京都河原町駅から祇園を歩き、八坂神社をお参りした後に高台寺を目指しました。

IMG_2594.jpg

円山公園の手前には粟田神社のお祭りの大きな灯籠「粟田大燈呂」が飾られていました。

初めて見るものでしたが、のちに青森のねぶた祭りのルーツになったものという説もあるそうです。

1IMG_2534.jpg

ずーっと昔、まだ関西に住む前、旅行で泊まったことがある懐かしい「長楽館」の前も通りました。

IMG_2595.jpg

道を照らす灯籠も、場所によって様々なデザインのものが置かれています。

1IMG_2596.jpg

「大学のまち京都 伝統の灯り展会場」では、京都の芸術系大学の学生のユニークで素晴らしい作品がいくつも展示されています。

IMG_2602.jpg

そして今回の目的地、久しぶりの「高台寺」へ。

IMG_2571.jpg

「花灯路」の期間中、「高台寺」では17時〜21時30分まで夜間の拝見を受け付けています。

境内の庭園などをライトアップしている他にも・・・

IMG_2601.jpg

IMG_2599.jpg

建物や庭の白砂に、鮮やかな画像を投影するプロジェクションマッピングがおこなわれています

「嵐山花灯路」の時にも「法輪寺」で美しい映像を見たのを思い出しました。

歴史ある寺院で最新鋭の機器を使ってのイベントは、幅広い世代の目を楽しませていると感じます。

IMG_2600.jpg

「高台寺」奥の竹林。

凛とした静けさが感じられます。

IMG_2604.jpg

「高台寺」の高さからは八坂の塔や、遠く京都タワーの夜景も望むことができます。

IMG_2579.jpg

「高台寺」の帰りは石塀小路を歩きました。

道を照らすほのかな灯籠がよく似合う、京の風情がたっぷり感じられる道です。

IMG_2589.jpg

それにしても今年の「花灯路」は暖かく、マフラーさえ余計に感じるほどでした。

春はもうすぐ目の前、といった感じの気候です。

IMG_2582.jpg

まるで人通りがないような写真が撮れましたが・・・

実はこんなショットを狙うべく、カメラを構えたたくさんの人が道の角や突き当たりで待機しているのです。

私たちもその方々に混じって所々でシャッターを切りました。

1IMG_2605.jpg

「京都東山花灯路」は今月12日(日)まで。

「高台寺」以外にも特別拝観などをおこなっている神社や寺院があります。

早春の夜の京都をゆったりと歩きながら、情緒豊かな時間を過ごせる、「京都東山花灯路」でした。

************

京都 東山 花灯路2017

会期 2017年3月3日(金)〜12日(日)

点灯時間 18:00〜21:30

⚪︎同期バーチャル駅長梅子さんの記事はこちらです→

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。