現在の運行状況

読み込み中...
2018年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

じーねこの「街からひとつかみ」

京阪神オムニバス観光

沿線へお出掛け

第21回魚屋道歴史ハイキングに参加してきました

20181018-1.jpg10月12日金曜日午前8時30分、JR甲南山手駅北側にて。第21回魚屋道歴史ハイキングにボランティアスタッフとして参加させて頂きました。現場で通行手形とスタッフ用の旗を頂き出発です。

20181018-2.jpgと、その前にこれは歴史ハイキングですから魚屋道の歴史のレクチャーを受けます。お話頂くのは神戸深江生活文化史料館副館長の道谷卓先生。説明というよりはお話という感じでとてもわかりやすかったです。要はこの道は江戸時代、幕府非公認の違法ルートだったということだそうです。

20181018-30.jpg現場ではこのような丁寧な資料とイノシシと遭遇したらというおっかない注意書きを頂きました。資料の方は今回通るコースのみどころなどが記載されているだけでなく、魚屋道の歴史が細かく書かれていました。ただのハイキングの資料というレベルのものではありませんでした。

20181018-3.jpg

さて、興味深いお話が終わると、いよいよ出発です。阪急電車を越えると森稲荷神社に到着。よく見るとこの鳥居ものすごく年季が入っていますね。ちなみにここから南へ国道2号線まで下るとこの神社の参道を表す高さ5.8mもある巨大な朱鳥居もあります。

20181018-4.jpgそこから甲南女子大学まで登ると山道に入っていきます。今年は台風のため倒木などで道がわかりづらくなっていたそうなので昨年とは異なるルートに進みました。

20181018-11.JPG昨年の道は足元が結構不安定で歩きづらかったのですが、今年の迂回路はとても歩きやすかったです。緑もきれいでした。

20181018-12.JPGしかし尾根道に来るとなかなか手ごわい傾斜角でてこずりました。それでも足元が安定していたので快適に歩けました。

PA120007.JPG尾根なので振り返って見える景色も最高でした。ただ皆さんバテバテだったようなのでこのきれいな景色にあまり目をやって頂けなかったようです。じーねこの大好きな芦屋のシーサイドタウンに中央の木が並んでいるラインは芦屋川でしょうか。山からの景色は楽しいですね。

20181018-13.JPG驚いたことにツツジが少しだけですが咲いていました。このあたりでは普通に咲くのでしょうか。そういえば最近桜が咲いた所があるというニュースを耳にしましたが、やはり異常気象が原因なのでしょうか。とにかく珍しいものを見ました。

20181018-15.JPG今年は迂回ルートを辿ったので、この蛙岩は見ることが出来ませんでしたが、じーねこは間違って向かった方がおられないかを確認するため本隊と離れました。すると・・・

20181018-14.JPGギョギョッ!前方でイノシシに通せんぼされました。蛙岩から登ってきた外国人ハイカーも「オッキイネ」と驚いていました。プリントに書いてありましたが、目を離して去ろうとすると追いかけて来るんですね。しかし目を合わせて向かっていくとゆっくりと逃げていきます。ということで、じっと見ながら少しずつ前進して、コースから去ったのを確認してから道を通りました。ふ〜、まさか頂いた注意書きが役に立つとは思いませんでした。

20181018-16.JPG風吹岩です。蛙岩に立ち寄って少し遅れてしまったので、ここに着いたときには誰もいませんでした。先を急がねばならなかったのですが、しかしここはね、やはりこの風景を写真に収めないといけません。

20181018-17.JPG

愛しの芦屋シーサイドタウンです。湾の向こうには大阪市内が見えますね。あの高いビルはあべのハルカスでしょうか?風吹岩からの景色はいつ見てもいいですね。

20181018-6.jpg風吹岩を出発。途中やはり倒木が残っていたところがありました。そういえば神戸新聞に魚屋道で道に迷い救助された方がおられたとか。低山とはいえなめてはいけません。

PA120019.JPGこんな沢も渡ります。水量が懸念されましたが、大丈夫でした。水の音が気持ちよかったです。

PA120020.JPGそして本庄橋に到着です。橋といいながら向こうにダムがあるんですが、昔は川を渡る橋があったそうなのですが昭和50年頃に自然崩壊してしまったそうです。正確には本庄橋跡ですね。昨年はここで昼食を摂ったのですが先頭隊は先に行ってしまったようなので、じーねこも少し休憩をとった後に出発しました。

20181018-19.JPG本庄橋跡からきつい登りを越えて何とか頂上付近の一軒茶屋に到着。ここでようやく先頭隊に合流できました。じーねこもここで昼食。昨年はここでキュートな背負子を持ったスタッフの方を見かけたのですが、今年は見られなかったので、区役所の方に聞いてみると「ありますよ、背負ってみますか?」ということで、お言葉に甘えて・・・。

20181018-10.jpgいい思い出が出来ました。区役所のみなさんありがとうございました。ここで戯れていると、ふと「テレビに出ていましたよね」と声をかけて頂きました。実はじーねこ、10月1日に某国営放送のお昼の番組にゴトーチハンターとしてほんの1分程ですが生出演しまして。そのときの放送を見て覚えていただいていたとは、ありがたいことです。もう神戸で悪いことはできませんね(笑)。

20181018-9.jpgラスト2のグループと一緒に頂上をあとにして一路、有馬温泉へ。あとはひたすら下りなので登りよりは楽でした。途中、迂回路がありましたが、これは昨年の台風のものです。

20101018-20.JPG頂上で休憩をとり、下り道なので気持ちよく歩けました。またグループの方々と楽しくお話をしながら歩くことが出来たので楽しかったです。とある女性が「今、初めて景色見ました。きれいですね」とおっしゃっていたのが印象的でした。登りはしんどかったです。

20181018-21.jpg

午後3時頃、ついにゴール。お話しながらだったのであっという間に着いたという感覚でした。区役所のみなさんがすでに先回りして待っていてくれていました。そこで有馬温泉金の湯の入浴券と記念品を頂いてお別れしました。

20181018-31.jpg記念品はカップと地図を頂きました。山で使える実用的なものなので、とても嬉しかったです。

20181018-23.jpgお土産の炭酸煎餅フレークを片手に有馬の風情ある町並みを見ながら撤収。今年もこのあと仕事があったので残念ながら入浴できずに帰ってきましたが、今年は天気も良かったのでとても楽しかったです。このハイキング、平日なのでお勤めの方はなかなか参加が難しいとは思うのですが、都合がつくようでしたらぜひ参加してみてください。

IMG_0020.jpg

さて、最後にひとつ。先に台風のため魚屋道のルートがわかりづらくなってしまったと書きましたが、実はこのハイキングを実施する前に会のメンバーの方々がご覧のように道を整備してくださっていたんです。じーねこが歩きやすいと思ったのは実はこうした会の方々の心配りがあってのことだったんですね。そんな人々の想いが込められた魚屋道、ぜひ皆さんも辿ってみてください。

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(2)

じーねこ2018年10月23日 00:43

きのごんさん、コメントありがとうございます。そしてその節はお世話になりました。イノシシと遭遇したときにはあの鈴の音に助けられました(笑)。きれいな景色、イノシシ、ツツジの狂い咲き、巨岩、そして温かいスタッフと参加者の皆さんと本当に楽しいハイキングでしたから、また来年も参加したいと思っています!そして少しでも多くの方にこのイベントと会のことを知ってほしいと思っています。

きのごん2018年10月22日 20:22

魚屋道歴史ウォークで蛙岩まで一緒に往復したのと新聞で木を切ってる者です!
詳しく説明をして頂きありがとうございます!
また逢えるのは来年かな?

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。