現在の運行状況

読み込み中...
2016年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

はっつーの「バーチャルde沿線観光案内所」

メジャー古刹の影だけど、教科書には載ってるよ!そんな地元の歴史ご紹介

沿線へお出掛け

一国一城令 住宅街にたたずむ城址~茨木神社~

大変ご無沙汰しております。皆様、お元気ですか?左足をけがで、沿線探索に行けなかったはっつーでございます。取材行きたいよー(´・ω・`)でも長時間歩くのはちょっとムリー(´・ω・`)の日々の中、実感するは健康の大切さ。でも最近ようやく普通に歩くことが出来るようになりましたので、張り切って行ってまいりました!茨木市で絶対書きたかったのはこのスポット!現在も魅惑の出土品が絶賛発掘中!掘りたてホヤホヤは茨木文化財資料館で要チェック!!!!現場からの発掘調査でどんどん明らかになる茨木城の姿をほんの少し、今に伝える、

茨木神社でございます

20160414-DSC_7864.jpg

茨木神社は茨木市民にはとても縁の深い場所。初詣に、茨木戎、茨木神社の夏まつりではお神輿も登場。夏の始まりは茨木神社の夏祭り!普段は市民憩いの静かな場所ですが、祭りの時期は人だかりですよ~。祇園祭と同じ時期にやりますので、祇園祭は人が多すぎて、って方は一度こちらにお越しをどうぞ!ちなみに私も含めて茨木神社=祭りをイメージしている方も少なくないはず!?そんな茨木神社にはかつてのお城、茨木城の門が残っているってご存知でしたか?

20160414-DSC_7850.jpg

搦手門(からめてもん)と呼ぶそうですが、役割としては、有事の際に大手門などの大きな門よりも目立たないこの門から城主やその家来たちが逃げるために使用されたそう。茨木城は日本史上でなかなかの有名人「楠正成公」が建てたと言われているそうで、そこから「片桐且元」や「中川清秀」などが城主を勤めたとの事。しかし、1616年「一国一城令」により廃城。このエリア、高槻城があるからねって江戸幕府の言い分。廃城後、搦手門が茨木神社の東向きにの門に移設されました。

20160331-DSC_7291.jpg    20160331-DSC_7292.jpg

茨木城址の発掘現場は茨木神社よりももっと北側。2016年現在も発掘調査が行われていまして、最新情報はこれまた先日記事にしました「文化財博物館」にて出土品などを見ることが出来ます。今もなお重要な品々が出土されているとは。長い事茨木市民やってましたけど、ビックリです。

20160414-DSC_7852.jpg

ちなみにこの茨木神社、1200年の歴史を誇る、京都や奈良に負けず劣らずの名古刹なんですよ。

20160414-DSC_7879.jpg ハナミズキが満開でした

20160414-DSC_7877.jpg

この茨木神社も先日記事に書きました「元茨木川」のたもとにあります。近くには現在茨木市の中心、JR茨木駅と阪急茨木市駅を結ぶ中央通りとさくら通りが交差する「高橋」だけがかつてこの辺りに川が流れていた名残をとどめています。高橋を守るは茨木市のキャラクター「茨木童子」。この子は「ゆるキャラ」ブームの遥か前から茨木市のキャラクターとして存在。ゆるくないからか、今も30年前と変わらぬ通常営業しています

今日の記事皮切りに、今まで更新できなかった分も含めて更新頻度を度外視してじゃんじゃん更新していく予定にしています。みなさま、ぜひお付き合いを

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。