現在の運行状況

読み込み中...
2016年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

はっつーの「バーチャルde沿線観光案内所」

メジャー古刹の影だけど、教科書には載ってるよ!そんな地元の歴史ご紹介

沿線へお出掛け

通り過ぎて知る縁の不思議 ~安井金毘羅宮~ 

いや、大変!あと1時間で11月終わっちゃうじゃないですか!!11月中盤からなかなかお仕事が忙しくなりまして、ブログの更新やら取材やらがあんまり進んでいなかった次第。まだ落ち着きませんが、紹介したい場所はまだまだ山の様!頑張って更新していかなきゃですよ!

 

今回は私も遭遇した不思議な縁のお話

 

20161116-DSC_0090_1.jpg

 

「悪縁を切って、良縁を結ぶ」。京都有数のパワースポットに、今日も全国からお参りする方々の御札が碑全体に張り巡らされます!!え?ご利益ですって?その後はっつーさんは夫に出会いましたとさ「安井金毘羅宮」でございます!!!

 

20161116-DSC_0091_1.jpg

 

3年ほど前のお話。アラフォーのフォーに突入寸前、未だ見えぬ運命の赤い糸。私の薬指にはきっとないんやろうなあ・・・なんて思いながら毎日仕事しかしていなかったあの頃のはっつーさん。もちろんカメラもやっていませんでした。そんなある日、会社の上司がかわいそうに思ったのでしょうか?こちらを教えてくれました。「うちの嫁の友達も、ここの石くぐって結構早く相手見つかったんやて。」

 

20161116-DSC_0088_1.jpg     20161116-DSC_0052_2.jpg

 

それまで出不精で特に街歩きも好きではなかった私でしたが、このお話聞いた時、自分でも未だに不思議なんですが「あ、明日行こう」となりまして。仕事がお昼からなせいもあって、次の日、一人で碑をくぐって来たんです。

 

20161116-DSC_0057_2.jpg

 

そうそう、お参りの仕方もお伝えせねば。まずは本殿にお参り。その後、身代わりの御札に願い事を書いて表から裏へ碑をくぐります。こちらからくぐってね、の表記があるのでご安心を。さて、これで悪縁との縁切り完了。くぐり抜けた後は新しい縁を結ばねばなりません。今度は来た方と逆の裏から表へ御札を持ったまま碑をくぐります。これで新しい縁結び完了。最後にお札を碑に貼って終了。

 

20161116-DSC_0060.jpg     20161116-DSC_0065.jpg

 

こちらの由緒は大変古く、天智天皇時代に建てられたお堂からスタートします。平安時代末期、百人一首でおなじみの崇徳上皇が、天智天皇時代から守られ続けたここの藤の花を大変気に入り、寵姫阿波内侍を住まわせたそう。上皇は藤とハニー(阿波内侍)とラブラブな時間を過ごしていました。しかし1156年、保元の乱に敗れた上皇は讃岐に流され、そのままその地で亡くなりました。遠い地で亡くなった崇徳上皇を偲び、阿波内侍が観音堂にご尊影を祀ったとの逸話が残っています。

 

その後「応仁の乱」でお寺は退廃。江戸期に入ってから右京区太秦安井にあった蓮華光院を移建。その際、讃岐の金毘羅宮の大物主神と源頼政を祀り、「安井の金毘羅さん」として親しまれたそう。

  
 

20161116-DSC_0081.jpg     20161116-DSC_0085_2.jpg

 

20161116-DSC_0077.jpg

  

縁切り縁結び碑のインパクトが強すぎるのですが、金毘羅宮本殿の奥には基礎力向上、スキルアップの神様もいらっしゃるんですよ。その名も「八大力尊社」。移建された蓮華光院は明治期の「神仏分離」の影響で、金毘羅宮の鎮守社のみを残して大覚寺と合併。残された蓮華光院跡の地中から柱を支えた8つの力石が発見されました。のちにこの石をスキルアップの神様として祀り、現在は建て替えられたばかりのピカピカの境内に鎮座しています。表情もユニークで可愛らしいご尊体ですよ!

 

20161116-DSC_0070.jpg

 

さて、本日の結びの一番。こちらは何度も書きましたが「悪縁を切って、良縁を結び」たい方が訪れています。参拝理由も人の心のデリケートな部分を多く取り扱っていますので、写真撮影などはぜひマナーを守って下さいね!私は偶然かもしれませんがここの石くぐって良かったなと思っております。ではでは

 

あ。そうそう。11月25日付の阪急のメルマガで私、載っちゃいました(≧◇≦)ニャハー もしよろしければご覧くださいね。

メルマガ

 

 

 

 

☆データ☆

安井金毘羅宮

  • 住所:京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70
  • TEL:075-561-5127
  • 終日参拝できます
  • HP:http://www.yasui-konpiragu.or.jp/

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(6)

はっつー2016年12月 2日 13:32

かうるさん、こんにちは!そこそこの幸せなんて、ステキじゃないですか!良縁にも間違いなく出会えてますよ〜(・ω・)ノ私の場合はきっと、くぐった時の切羽詰まり具合が段違い過ぎて、神様の配慮違うかな!と、最近思いますよ(・ω・)ノ

かうる2016年12月 1日 21:36

そんな素敵なエピソードがおありだったんですね〜!!ほんわかしました(*´ω`*)私もここ、友人に教わって何度か(!!?)くぐったことがあります。良縁と出合えているのかはさておき、そこそこ毎日幸せにすごせているのもこのご利益なのかも(^o^)

はっつー2016年12月 1日 09:06

カスタードさん、おはようございます!やはり千年の古都には、ちょっとした観光地でさえも有名人出まくりですね〜。素敵かどうかはアレなんですが、結婚したのにはビックリしましたよ(・ω・)ノあ。そう言えば、八大力さんに、カメラのスキルよりも人としてのスキル向上をお願いしちゃいました。カメラもついでに〜とかお願いしとけば良かったかな。

カスタード2016年11月30日 23:59

はっつーさん、こんばんは。
今回のもとても読み応えがあって、引き込まれるように一気読みさせていただきました!
はっつーさんご自身の素敵なお話まで聞かせていただき、既にご利益いただけた気分でーす(*^^*)
それにスキルアップの神様とは、ますますカメラ撮影も上達しそうですね(^.^)v

はっつー2016年12月 1日 09:01

sugarさん、おはようございます!安井金比羅宮は京都の観光地の中でも、群を抜いてインパクトあるんで結構有名ですよね〜。我ながらですが、良縁だったかどうかはさて置きですが、結婚したのにはビックリしました。メルマガ読んでいただきありがとうございます!いばたか愛が伝われば嬉しいです。

sugar2016年11月30日 23:51

安井金毘羅宮、テレビで何度か見たことがあり、いろんなところがあるんだなあと思っていましたが、はっつーさんも訪れていたとは!そして効果。良縁。いいですね〜。
メルマガも見ましたよ。はっつーさんらしい面白いインタビューで、高槻茨木への熱い思い、すごく素敵です。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。