現在の運行状況

読み込み中...
沿線へお出掛け

新神戸駅前の「布引の滝」からさらに寄り道をして山の中へ

新神戸駅から布引の滝への散歩の帰り、駅へと着く手前でこんな道標を見つけました。

「へぇ~~。異人館まで1kmほどなんや。ちょっくら寄り道しますか!?」
と、独り身の軽さを活かして進路変更!
新神戸駅へは戻らず、異人館から三宮駅へ抜けることにしました。

このルートは看板に書かれているように、「背山散策路 北野道」と呼ばれるハイキングルートのようです。
新神戸駅から布引の滝への道のように舗装はされていませんし、段差の大きなところもありますので、運動靴・ベタ靴じゃない時は敬遠した方が良いでしょうね。特に、北野異人館街側からこの道に入ると、「港みはらし台」あたりまでちゃんと舗装されており、それで安心して奥へと進むと途中から山道になりますので注意が必要です。

新神戸側から入ると、最初はズンズンと登っていきます。すると、アッという間に新神戸の駅や町並みが眼下に見えるようになり、上を見上げると、木漏れ日を生み出してくれる太陽、そして布引ハーブ園へと上がるロープウェイが。

ボチボチ写真も撮りながら、寡黙に歩くこと約10分。中間地点に到着!(どっちに行っても550m)
このあたりから登り坂がほとんど無くなり、なだらかな道でまさに“ハイキング”というより“散策”という言葉が当てはまりそうな道となります。ただ、細い道で柵などもありませんので、滑落には注意が必要です。
下の右写真のようにしっかりと踏み固められた道ですが、所々に大きな石が転がっていたり、土石流の通り道として整備されている部分がデコボコしていたりしますので、足下は十分にご注意してくださいませ。

さぁ、半分まで来たところで一休み。続きは次回の記事で。
ナント!衝撃の秘密集会のスクープ写真も登場します。こうご期待を!

関連記事

この記事へのコメント(0)

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。