現在の運行状況

読み込み中...
2019年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

こたろうの「阪急沿線 口福!眼福!ダイアリー」

マルーン色の幸せトレインと共に 口福&眼福 探し旅

グルメ

400年の歴史!日本最古のお菓子もあります!「亀屋清永」

皆様、こんにちは。こたろうです。

kamekiyo1.JPG↑前回の記事でご紹介させていただいた「三十三間堂」の拝観を終え、売店を覗き「さて帰りましょう~!」と出口に向かったところ、お菓子が売られているブースを発見。

kamekiyo8.JPG↑一度、チラ見して通り過ぎたのですが・・・。

「あ!和菓子が売ってる!」
「ん?清浄歓喜団がある!」
「こ、ここは!!!ただのお土産お菓子コーナーじゃない!」

・・・と、出口から急いでUターン!

kamekiyo7.JPG↑テレビでも紹介された!って書かれていますね!

こちらが日本最古のお菓子!京菓子のルーツと言われる「清浄歓喜団」です!

奈良時代に伝わった唐菓子の一種で、1000年前の昔の姿は今もそのまま。
ちなみにお一つ、お箱に入って600円+税という大変高級で有難いお菓子なのです。

この「清浄歓喜団」を製造する日本で唯一のお菓子処。
それが400年の歴史を誇る「亀屋清永」

本店は八坂神社の西楼門の斜め前にございます。

kamekiyo6.JPGkamekiyo5.JPG↑「三十三間堂ようかん」「三十三間堂の彩」「三十三間堂せんべい」は、本店にはなく、こちらでしか購入することができないそうですよ。

それもそのはず「亀屋清永」さんは三十三間堂(妙法院)をはじめ多くの寺社仏閣へお菓子を納められているのです。
ありがたさ2倍!レア度もUP!

kamekiyo3.jpg

↑ちなみに亀屋清永の包装紙やペーパーバッグは、ものすご~く可愛いのでプレゼントにしても映えます!

私は、栗・抹茶・柚子・小豆の羊羹「彩」と、ミルク味&コーヒー味の金平糖「風神雷神」と秋の吹寄せを戴きました。

kamekiyo2.JPG↑金平糖の方は、双子達に全部食べられてしまいましたが、とっても美味しかったようですよ!

二人のおススメの戴き方は「牛乳にたっぷりぷかぷかと浮かして、カリカリしながら飲むこと!」だそうです。
(私が材料確認&味見をする前に完食されてしまったのですが、中にあられが入っていたようで「ぷかぷか浮かぶんだよ!」との双子談。

秋の吹寄せは、灯の香と吹寄せの詰め合わせで、小さくて可愛いマツタケに銀杏に紅葉!まさに食べる芸術!です。
私はお菓子で季節を愛でるのが好きなので、ついついこういった美しいお干菓子に惹かれがち・・・。

三十三間堂拝観の際は、是非「亀屋清永」さんのブースも忘れずに覗いてみて下さいね!
こたろうのおススメでした!

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。