現在の運行状況

読み込み中...
2017年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

コトリスの「阪急沿線ノスタルジック散歩」

五月山のふもとで猫と暮らしています

グルメ

六甲山建築めぐり② 六甲山ホテルでアップルパイの午後

六甲ミーツ・アート芸術散歩2017を一日満喫し、最後に「六甲山ホテル」に立ち寄りました。

20171021-1.jpg

旧館は「阪神間モダニズム」を象徴する建物として知られていましたが、老朽化が原因で2015年に閉館。
本館も阪急阪神ホテルズから別会社に事業譲渡されることが決まり、2017年12月31日をもって「六甲山ホテル」としての歴史に幕を下ろします。

20171021-3.jpg

譲渡された輸入車販売会社の今後の計画では、旧館を含めてできる限り保存した上で「リゾートホテル」にする構想があるそう。安易に取り壊されずにすむことにひとまずホッとしました。

六甲山ホテルの旧館は宝塚ホテルの別館として1929年(昭和4年)に開業。今年で88周年にあたります。
設計は宝塚ホテルと同じく建築家・古塚正治によるもの。

20171021-2.jpg旧館の玄関は閉ざされていますが、鮮やかな色ガラスの扉を見ながら華やかだった頃に想いを馳せました。

20171021-4.jpg20171021-5.jpg

本館に潜入し館内を見学しました。
本館ロビーにはかつての旧館内部の写真が展示されているので、お越しの際はぜひご覧になってくださいね。

20171021-6.jpg

6階の「Top of Rokko」で「アップルパイセット」(920円)をいただきました。
昭和37年から販売されている自家製名物スイーツらしく、以前から食べてみたくって!

20171021-7.jpgサクサクのパイに甘味が凝縮されたりんご。歩き疲れた体に甘いご褒美が染み渡ります

20171021-9.jpg眼下に広がるのは大阪湾の景色。写真は屋上展望デッキからの眺めです。
この日は景色にもやがかかっていましたが、天気が良ければ1000万ドルの夜景も見られるはず。

20171021-8.jpg

こちらは同じく6階にあるフランス料理店「レトワール」。

六甲山ホテルでの食事の際は六甲・まやレジャーきっぷを提示すると10%オフになるので、提示をお忘れなく!

歴史のあるホテルなので、六甲山ホテルのチャペルで式を挙げた方も読者様にはいらっしゃるでしょう。
12月末の閉館までにぜひ足を運んでくださいね。

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(2)

コトリス2017年10月22日 18:08

こんぺいとうさんありがとうございます!りんごは私にとってノスタルジーの象徴です。
季節を問わずりんごを食べ続けていますが、秋に食べるりんごはひときわ美味(๑⃙⃘´༥`๑⃙⃘) 春に紹介したスカイビル近くのelicafeにもまた行きたいです!

こんぺいとう2017年10月22日 13:29

コトリスさんの記事にりんごが出てくると嬉しくなってしまいます。建物自体も美しいのですが、レトワールの天井に映る光も綺麗です☆

阪急阪神公式ブログ一覧(アーカイブ)

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。