現在の運行状況

読み込み中...
2018年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

リトラの「甘党生活」

阪急電車で日々、甘いもの探し

趣味

サイエンスアートで楽しむ「スヌーピーファンタレーション」

昨日、編集部からチケットをいただいていたうめだ阪急で開催中
「スヌーピーファンタレーション」にお邪魔してきました。

実はわたくしスヌーピーには馴染みなくて作品を読んだことないタイプです。
さっき、たまみかさんのブログを見て「そんな視点があるのか!」と驚きました。
※スヌーピーにまつわる思い出も素敵なたまみかさんのブログはこちらです

スヌーピー好きからすると、邪道なのかもしれませんがおもしろサイエンスアートという
副題に
惹かれて向かったリトラの切り口で展覧会をご紹介していきます!

「科学技術」✕「スヌーピー」
ディスコダンスしたら素敵じゃない?

20180424-4.jpg

日本が世界に誇るものは「伝統文化」と「科学技術」じゃないかと語る
プロデューサーさんが、実際にピーナッツに登場する踊るスヌーピーから連想し
ロボット研究する学生チームと連携して実現したのがダンシングスヌーピーロボです。

会場では企画・制作段階のビデオも流れています。
ロボットの重心をキープしたまま人間のようになめらかに動かすのは至難の業で
苦労されていましたが実際のショーをみると・・・踊ってました!!!!

20180424-3.jpg▲最後はお辞儀して、ナイスパフォ-マーなスヌーピーでしたよ!
       

展覧会の原点は
どこか懐かしい「ローテク科学」

20180424-1.jpg▲25年前「スヌーピータウン」を開発するときににプロデューサーさんが
企画提案で実際にアメリカに持ち込み、現在までコラボしていくきっかけになった作品
※写真で伝わらないサイズ感は、ちょうど理科室の顕微鏡箱くらいです

解説を読む前は「夏休みの自由研究・・・?」なんて思ってしまったのですが
シンプルで懐かしい感じがコミックのスヌーピーのイメージにぴったり。

よ-く見るとウッディーがあちこちにいるお茶目さも素敵です!

20180424-2.jpg▲実際にスヌーピータウンで飾られていた作品(一部抜粋)
会場に入るとお出迎えしてくれるので、ゆっくりとお楽しみいください!
マンガのコマを切り取ったような懐かしくワクワクするスペースになっています。

        

会場には長年の間に変化していった
スヌーピーの進化記録もアリ


20180424-6.jpgコラボだけではなく、実際の紙面上でスヌーピーが4足歩行から2足歩行にいたるまでの
記録なんかも展示されています。ちょっと博物館ぽくて面白かったのでぜひご覧ください!

ちなみに会場外のお土産物コーナーにある展覧会限定ガチャは
その進化記録のフィギアでしてリトラは直立するようになった1960年バージョンでした。        

スヌーピーファンタレーション
スヌーピー ✕ おもしろサイエンスアート展

期間:開催中(~5月7日まで)
会場:うめだ阪急 9階ギャラリー
「梅田」改札より徒歩8分

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。