現在の運行状況

読み込み中...

まみの「好奇心日和」

阪急電車で満たす好奇心

沿線へお出掛け

<清凉寺>阪急沿線好奇心日和

私が好奇心を持っているものやことなどを阪急沿線好奇心日和で満たしてきました。


P9220622.JPG清凉寺というとても爽やかな名前なため、行ってみたいと思っていたお寺。
源融(みなもとのとおる)の山荘跡に建立されました。
源融とは源氏物語の主人公・光源氏のモデルとされています。

P9220629.JPG本尊釈迦如来像があることから「嵯峨釈迦堂」とも呼ばれていて、源融に顔を似せた阿弥陀如来像はエキゾチックなお姿とか。
さらに釈迦如来立像の体内には五色の絹による内臓模型(五臓六腑)があったそうです。
内臓がある仏像を初めて知りました。
1,000年もの昔の人も人体の構造を知っていたなんて。
普段はそのお姿が見られませんが、毎月8日と4、5、10、11月は公開されるそうなので、1度見てみたいです。

P9220626.JPGそしてもう1つ。
仁王門は嵯峨野の真ん中にあり「嵯峨野の顔」と呼ばれているので、「ここは外せない!」とも思っていました。

楼上には十六羅漢像が見えませんが祀られていて、両脇には朱色の阿吽二体の仁王像が睨みをきかせていました。
朱色だとさらに迫力があります...!
重厚感のある門は遠くから見ても圧倒的で、ですが精巧な造りで思わず見入ってしまいました。
まさに「嵯峨野の顔」にふさわしい。

P9220632.JPG源氏物語に興味はなかったとはいえ、大人になってから触れる歴史はなかなか乙なものでした。

<清凉寺>
住所:京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
時間:9:00~16:00
   4月・5月、10月・11月 9:00~17:00
拝観料:一般 400円
    中学生・高校生 300円
    小学生 200円
※ 境内参拝自由
アクセス:阪急嵐山線「嵐山駅」より徒歩35分
HP:http://seiryoji.or.jp/   

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(0)

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。