現在の運行状況

読み込み中...

まみの「好奇心日和」

阪急電車で満たす好奇心

沿線へお出掛け

<醍醐寺>京都小旅

阪急沿線を離れて、京都小旅(こたび)をしてきました。

P6090194.JPG随心院を出て地下鉄東西線 小野駅まで戻ろうと思っていましたが、醍醐寺まで徒歩20分ということだったので歩くことに。
私が行った日がたまたまだったのかもしれませんが...休日の日中にも関わらず、人が全然いなくて怖かったです。
歩ける距離ですが、女性1人で行かれる際は地下鉄の利用をおすすめします。
ちなみに地下鉄東西線 醍醐駅から徒歩10分ほどです。

P6090192.JPG
世界遺産にも登録されている醍醐寺は、真言宗醍醐派総本山で山号である醍醐山と笠取山に200万坪以上の境内を持っているものごく広いお寺です。
上醍醐と下醍醐に分けられていて、上醍醐は徒歩で1時間かかる上に西国1険しい札所と言われているそうです。

この日は歩き疲れたこともあり、門の近くをウロウロしただけだったため、次回は醍醐寺の本坊的な存在である三宝院に入ろうと思っています。
上醍醐はちょっと厳しそうなので...

P6090193.JPG
三宝院にある「三宝院庭園」は豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計したそうなので、今から楽しみです。

本当に広大で見応えたっぷりの醍醐寺は桜の名所としても有名で、毎年4月の第2日曜日には「豊太閤花見行列」が開催されます。

P6090195.JPG
そして、それ以上に見てみたいのが毎年2月に開催される「餅上げ力奉納」。
力自慢の男女が餅を持ち上げその時間を競うのですが、その重さなんと男性は150kg、女性は90kg!
その力を奉納して無病息災を祈るそうですが、腰を痛めないか心配。。
チャレンジするのは遠慮したいですが、すごく気になります...!

<醍醐寺>
住所:京都市伏見区醍醐東大路町22
時間:3月1日〜12月第1日曜日までの期間...............午前9時〜午後5時まで
   12月第1日曜日の翌日〜2月末日までの期間......午前9時〜午後4時30分まで
    ※拝観券の発券は閉門1時間前まで(各所入場は閉門30分前まで)
拝観料:春期、秋期 1,500円
     ※春期・秋期...3月20日〜5月15日、10月15日〜12月10日
    通常期 800円
アクセス:地下鉄東西線「山科駅」より徒歩10分
HP:https://www.daigoji.or.jp/

関連記事

この記事へのコメント(0)

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。