現在の運行状況

読み込み中...
2016年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

MIKAの「楽園で乾杯!」

阪急電車に乗って、美酒と酒肴の楽園へ参りましょう

沿線へお出掛け

小林一三翁のお住まい。

バーチャル駅長役得「近現代絵画サロン 情熱と想像のコンチェルト」展を観賞後、
徒歩2分の小林一三記念館に伺いました。
0911-04.jpg

1937年(昭和12年)竣工、美術工芸品の保管も目的とした耐火構造のRC造り2階建て
小林一三翁は64歳から急逝される84歳までの20年間、ここで暮らされました。

0911-20.jpg
玄関ホールの小林一三翁の肖像画。床は落ち着いた色調のフローリングです。

0911-87.jpg
客間に向かう天井には曲線が多用され、穏やかな雰囲気。

0911-25.jpg
吹き抜けの客間。
洋風なレイアウトの中に床の間風の美術品展示スペースが設えられ、客人をもてなす雰囲気に溢れています。

書斎、夫人の部屋、バスルームなどのプライベートスペースは全て二階に。
0911-42.jpg
宝塚歌劇団のモットー「清く 正しく 美しく」を揮毫した扇もありました。
0911-45.jpg

一番居心地の良い東南角に夫人の部屋が配され、翁が御夫人を大切になさっていたことが窺われます。
そして昭和初期には珍しかったであろう家事室。

0911-51.jpg

オイルヒーターが配され、どんな天候でも洗濯や物干しが出来たことでしょう。

開口部を多くとった明るいバスルームは、ベビーピンクのタイルに薔薇色の洗面台、カランとハンドル。
0911-49.jpg
鏡に映る顔が優しく見える色彩ですね。

バスルームもですが、すべての部屋のドアノブや水回りがすべて現在より低い位置にありました。
翁も御夫人も、もしかすると小柄な方だったのかもしれません。

記念館の敷地には、
茶室の「費隠(ひいん)」「即庵(そくあん)」、「人我亭(にんがてい)」
0911-81.jpg

鉄道事業、宝塚歌劇団、百貨店、映画など数多の事業を紹介した「白梅館(はくばいかん)」
0911-18.jpg

サンルームを改築したレストラン雅俗山荘(がぞくさんそう)などがあります。
0911-61.jpg

まさに東奔西走、世界を股にかけて活躍された小林一三翁。
「雅俗山荘」は、ご家族と居心地のよい空間と、珠玉の美術品に囲まれた、心からほっと出来る場所だった事でしょう。
0911-12.jpg

小林一三記念館 雅俗山荘
大阪府池田市建石町7-17
TEL 072-751-3865
開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日  月曜日(ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。