現在の運行状況

読み込み中...

ぴちぞうの「阪急沿線 雅俗三昧」

ゆらり、ふらり、軽やかに、美しいもの探訪記

趣味

『悲運の画家たち』「逆境にも負けず」編@福田美術館

文化芸術の秋美術展はもりもり開催中ですし、美術館までの道は自然が美しく、うきうきしますね
福田美術館『悲運の画家たち:逆境にも負けず』を観てきましたー

1031IMG_7535 (2).JPG

「悲運」がテーマですが、カテゴリーは大きく3つに分かれています。

①悲劇的主題の作品を描いた画家

②非業あるいは不条理な最期を遂げた画家

③自身や家族が悲運に見舞われた画家

とくに②と③に関しては、「美麗な絵を描く人だなぁ」くらいの認識だった画家さんらが数多く紹介されていて、大変驚きましたそして、辛く哀しい出来事が起こっても、筆を握り続ける精神力に何より感動しました。

カテゴリー①:上村松園『静御前』

1031IMG_7549 (2).JPGカテゴリー②:木島櫻谷『婦女図屏風』

1031IMG_7553 (2).JPGカテゴリー③:木村武山『鶴』

1031IMG_7567 (2).JPG

木村武山は利き手の右手の自由を失ってしまい、左手で描くのです泣く

カテゴリー③:速水御舟『春眠』

1031IMG_7562 (3).JPG

「作品」が美しければ美しいほど、画家の画技や胆力に感服します。

ちなみに、ぴちぞうが一番「ぎょえええええなんという、なんという人生」と驚愕したのが、橋本雅邦冷泉為恭。どのような「悲運」に見舞われたかは、ぜひ実物の絵の鑑賞と共にご確認くださいませ

1031IMG_7576 (2).JPG橋本雅邦『朱描寿老人』

こちらの展覧会、嵯峨嵐山文華館との2館同時開催となっていますので、福田美術館と嵯峨嵐山文華館2館共通券がお得です(嵯峨嵐山文華館のレポートはまた後日させていただきます

1031IMG_7620 (2).JPG美術館の窓から見える嵐山の光景。すごくきれいでした

福田美術館

美術展『悲運の画家たち』は1月11日まで、お見逃しなく

阪急嵐山線「嵐山駅」より徒歩約10分
福田美術館公式サイト https://fukuda-art-museum.jp/
*訪館前に公式HPで開館時間等ご確認されることをお薦めします

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(2)

ハートや音符などの絵文字は使用しないでください。文章が正常に投稿されない場合があります。

ブログ記事・コメントに関するご注意

  • ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意下さい。詳しくは「ブログdeバーチャル駅長利用規約」をご覧下さい。
  • 公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
  • 公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
  • 入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
  • 初めてコメントをされる方は「ブログdeバーチャル駅長利用規約」を必ずご覧下さい。
    規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。