現在の運行状況

読み込み中...
2018年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

らんちゃんの「今日はどこに行こうかな☆」

阪急で、終電までには帰ります

趣味

わぁ、すごい!楽しい!「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」

9月8日からスタートしました、「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」
この度バーチャル駅長の役得で、ご招待いただき行ってまいりました!20180911_70.JPG

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018は、六甲山の自然と現代アート作品が一緒に楽しめる展覧会です。

普段アートや芸術に触れ慣れていない人でも、ご家族や友達、デートなどで六甲山を楽しみながら、突如現れる芸術作品に驚きや楽しみが味わえます。美術館に入るような敷居の高さもなく、身近にアートに触れられる良い企画だと思います!

今回は公募と招待による計37組のアーティストによる絵画や立体アート、映像作品などが展示されています。

ささ、六甲駅から市バスに乗り「六甲ケーブル下」へ。

20180915_1.JPG

そこから六甲ケーブルに乗って「六甲山上駅」まであがろう!

六甲山上まで来たら、まずは「鑑賞チケット」を提示して六甲ミーツ・アート 公式周遊マップをゲットしよう!
これは、今回のアートをまわるうえでの必須アイテム!
作品の詳細地図だけでなく、作品の近くに設置されているスタンプを押していくスタンプラリーもできるシートになっている!
全制覇しちゃおう!

20180915_3.JPG

さぁ、気まぐれに散策開始!

六甲オルゴールミュージアム
◎スラスラチカチカ(OBI)

20180915_6.JPG

ピンクの蛍光の棒だ~と思って近づくと...あら、裏が黄色!
いきなり空気が変わったようになりました!面白いね!

20180915_7.JPG20180915_8.JPG

六甲山の自然と向かい合う作品として、自然界には存在しない人工的な蛍光色を使用したんだそう。
背景の緑と人工蛍光色の対比。発想が素晴らしい!

 

◎ほどけるとき(花田千絵)
ヨガのポーズみたいな猫ちゃん。

20180915_9.JPG

今回のミーツ・アートのメインビジュアル作品にもなっています。
木のぬくもりを感じますね。

20180915_10.JPG

 
◎color or white(中﨑透)

20180915_11.JPG20180915_12.JPG

商店街の電光看板をモチーフにした作品。
タイポグラフィ、看板マニアと私としてはこういうのたまらない!
なんとなくレトロな空気がありますよね。

カラーの看板はカタカタ表記、そしてその向かいには英語表記で白色になったものが展示されています。
対比して見比べてみよう。
カタカナと英語、同じ意味ですが、受ける印象が違いますよね...
広告論にも使えそうで、なんだかアカデミックさを感じました!

 

六甲高山植物園
◎浮標~淡い寄る辺(釜本幸治)
ぎょぎょっ!
一瞬、古代オルメカ文明の巨石人頭像!?と思ってしまいました!

20180915_15.JPG

ものすごい存在感です。水と緑と作品がマッチしている!

20180915_16.JPG

 

六甲枝垂れ
◎#ROKKO(佐川好弘)
いかにも、現代っぽい作品。ハッシュタグごとアートに!
なんか元気になれちゃうね。

20180915_18.JPG

 

六甲山カンツリーハウス
◎とある未亡人の館(大宮エリー
大宮エリーさんの直筆だ!

20180915_19.JPG

未亡人の部屋。
夫との写真が飾られているのを見ると、突如悲しみに覆われてしまいそうになるのですが、作品の手作り感からでしょうか、ぬくもりを感じるんです。やっぱり最後に残るのは愛なんだなぁ。

20180915_20.JPG20180915_22.JPG

ワンちゃん、奥さんを見守ってあげてね。

20180915_21.JPG 

◎やさしい手(久保寛子)
遠くから青い手らしきものが目に入り、ありゃなんだ!?と走り寄ってしまった!

20180915_23.JPG
巨大な青い手が、優しく水面をタッチしています。どうやって水の上に浮かばせているんだろうか...
とてもユニーク!
(何でだろう、スケキヨを思い出してしまう...)

20180915_24.JPG

 
風の教会
◎absent(さわひらき)
安藤忠雄設計の教会3部作の一つ「風の教会」。
風の教会は現在は閉館しているんですが、今回のミーツアートの開催にともなって11月25日まで期間限定で公開されます!

この風の教会を舞台にさわひらきさんの作品が展示されています。これは必見!

20180915_25.JPG20180915_26.JPG

 
◎おしゃまなユンボ(大木土木とミツヤ電機)
工事中なのかな...と思ったら、スタッフの方が「こちらも作品なんですよ」と教えてくださいました!
もうここから作品は始まっているらしい。なんて前衛的!

20180915_27.JPG

20180915_28.JPG

ユンボを合体させてハート形をイメージしているんだって!
う~ん、おしゃま☆

20180915_29.JPG

ここで告白やプロポーズもアリなんじゃないでしょうか。

 

さぁ、作品を見るだけじゃなくて、自分もアートと一体化して遊んでみました!もう私自身がアートです(なんやそれ)

◎ロッキングライフ(佐川好弘)
「乗ってみた」

20180915_31.JPG20180915_30.JPG

 
◎石の音を聴く(黒川岳)
「聴いてみた」

20180915_38.JPG20180915_39.JPG

一瞬、「お、顔ハメだ」と思ったら違いました。でも癖で思わずハメちゃいました。
詳しく作品概要を見てみると、「石の音を聴く」という作品だと知りました。
顔入れたの、あながち間違ってなかったやん!笑
とてもユニークですね。

 

◎畑になる/人(木村剛士)
「立ってみた」

20180915_36.JPG

この日はあいにくの天気で、雨が降ったりやんだりしていましたが、天候もまた作品を色んな姿に見せてくれます。

20180915_35.JPG

以上、「〇〇してみた3部作」でした☆

 
六甲ガーデンテラス
さらに、プラスもう一つの役得として、オリジナルグッズを一部いただきました!わーい☆
アーティスト飯川雄大さんが描き下ろしたパッケージの、オリジナルブレンドコーヒーやまみつラスク

20180915_44.JPG

このキャラクター、可愛くないですか!気に入ってしまいましたぞ!
六甲ガーデンテラスに彼の作品も登場しますので、要チェックです!

20180915_40.JPG

20180911_67.JPG会場内にある複数のショップにオリジナルグッズが多数販売されています!
他にもトートバックや神戸レモネードやデコテープなど...
事前に狙い定めるのもよし、当日ビビッときたものをGETするのもよし、お買い物も楽しんじゃいましょう☆

20180915_43.JPG

 

ふぅ~ざっと紹介しましたが、他にもたくさんの作品ありましたよ~~!!!もうどれも見ていて本当に楽しい!
たくさんはしゃいじゃいました!!

17時以降になると見られるライトアップもありますからね。夜景デートもアリですね。
素晴らしい作品に出会えて本当に楽しかったです!
会期中にあと何回かは来るよ!

めっちゃくちゃ歩いたので、2日後かな~筋肉痛くるの。お越しの際はぜひ歩きやすい服装で!

今回はこのような機会を与えていただきありがとうございました☆☆

【六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018】
会期:2018年9月8日(土)~11月25日(日)※会期中無休
開場時間:10時~17時 ※会場により17時以降も鑑賞できる作品あり
開催場所:六甲山上各施設
料金:一般 2000円、大・専・高・中学生 1800円 ※要学生証提示、小人 1000円
アクセス:阪急六甲駅から神戸市バス16番、106番で終点六甲ケーブル下までケーブルから六甲山頂まで

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。