現在の運行状況

読み込み中...
2018年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

らんちゃんの「今日はどこに行こうかな☆」

阪急で、終電までには帰ります

趣味

「芸術は呪術だ」太陽の塔の内部一般公開に行ってきました!

20181225_4.JPGつ、ついに、太陽の塔の内部に行ってきました!!

前から行きたかったのですが、今年の1月だったかな、予約開始当時はアクセス殺到でサーバーダウンしたり4か月先まで予約が埋まっていたりなどでなかなか行けず...。
でも、知人から「最近は予約も取りやすくなってきてるよ~」と聞いたので、即公式サイトにアクセスしました!

 

確かに、予約取りやすい!!
内部見学は完全予約制。公式サイトから4か月先まで予約できますよ。

 

■顔ハメ看板
万博記念公園に入って左側にあるヴィレヴァンに顔ハメが。
(事前に、はまなかな駅長に教えてもらっていました☆ありがとうございます、ちゃんとハメれました)

20181225_10.JPG

 

■内部見学の入り口は背面から!
太陽の塔の背面の「黒い太陽」側に内部見学に向かう入り口があります。
20181225_2-1.JPG20181225_3.JPG

 

■一部撮影可能に...
これまで内部は写真撮影禁止だったのですが、ラッキーなことに私が予約していた日から1階部分のみ撮影可能になったんです!(2階へ上がる時から撮影は禁止。また自撮り棒や三脚使用不可など決まりはあります、マナーは守ろうね☆)

私も、じっくり見学し撮影も楽しみました。写真もいいけど、やはり脳裏に焼き付けておくのが一番...脳内シャッター切りまくりました!

 

■プロローグ「地底の太陽」ゾーン
中に入り、まずは地底の太陽ゾーンの見学。
万博閉幕後に行方不明になったという(今どこにあるの!?)黄金の太陽の仮面「地底の太陽」が再現され、映像や照明の演出とともに展示されています。(ここは撮影可になりました!)

 

■生命の樹
地底の太陽ゾーンの次は、いよいよ内部に入っていきます。
ここからは、少人数でのグループごとに移動することになります。係の人の誘導に従って見学しましょう!

さて、内部には上へとぐい~んと伸びる「生命の樹」がそびえたっていて(なんと41メートル!)、そこに33種類もの生命体が張り付いたりぶら下がったりしています。

原生動物から始まり2階、3階と上がるにつれて、恐竜、ほ乳類へと展示が変わってきます。
こちらも、1階部分は撮影可。ここからは誘導があるので時間に制限がありますが、じっくり見学を楽しんでください。
2階へあがるタイミングで撮影は不可になります。

 
また内部の壁はひだひだになっていましたが、デザイン性としてだけでなく、音響反響の効果もあるのだそう。
壮大なイメージのBGMが流れていましたが、その音の響きが良かったのもこの壁のおかげなのでしょう。

20181225_7.JPG

※写真はポストカード

 

■少し、マニアな話していいですか(しますね)
太陽の塔のこの胎内の赤~い雰囲気やクラゲがいるとこなんかが、ゲーム「ゼルダの伝説/時のオカリナ」のダンジョンっぽくて、大学4年間を殆どそのゲームに費やしたヲタク(というかダメ学生)の私にはめちゃくちゃ刺さったわけです。
というわけで終始興奮しておりました...
すみません、小声で語らせていただきました...

 

■ゴリラに注目
上層フロアにいるゴリラの頭部や足の部分が一部破損しています。
が、48年の重みを感じていただこうということで、あえて修復していないのだそう。
当時のまま残されているんですね...感慨深いです。

太陽の塔の腕部分の位置が最上階フロアで、ここで見学は終了。だいたい30分ほどの見学時間です。
そうそう、帰り際、壁に「芸術は呪術だ」という岡本太郎氏の言葉が記されていました。
爆発だけじゃなかったんだね...

 

ミュージアムショップでは思わずマスキングテープを爆買い。
20181225_15.JPG

 

は~見ごたえたっぷりで圧倒されました!!
改めて外から塔を見ると、さっきまであそこ、あの腕の付け根んとこにいたんだわ!ってすごく感動しちゃいます!

20181225_2.JPG20181225_5.JPG 

今まで聞いた話や公式サイトからでしか知らなかった太陽の塔の内部。
やっぱり百聞は一見にしかず。実際に見にいって大正解!久しぶりに興奮しました!フーー!!

2025年の万博も決まったことだし、まずはその前にちょっくら1970年の万博にタイムスリップしてみてはいかがでしょうか☆☆

20181225_1.JPG

【太陽の塔内部見学】
住所:大阪府吹田市千里万博公園
入館料:大人700円、小中学生300円(※別途入園料が必要!大人250円、小中学生70円)
公式サイト

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

この記事へのコメント(4)

らんちゃん2018年12月26日 11:39

〉しん62さま
インタビューご覧いただきありがとうございます!!
なかなかいい顔ハメでした!
2025の万博も楽しみですね☆

しん622018年12月26日 00:35

らんちゃん、こんばんは。
バーチャル駅長通信のインタビューも拝見しました。
太陽の塔の顔ハメ、首がちょっと曲がっているところ、細工が細かいですね。
EXPO1970の頃、小生は小2でした。
千里ニュータウンに住んでいたこともあって、会場には7,8回行きました。
今度の万博も楽しみです。

らんちゃん2018年12月26日 11:32

はまなかなさん☆
観覧後は気分が高まってるので爆買いしちゃいます…(笑)
まだ他にも種類あったんですよー!ぜひ、はまなかなさんも爆買いしてください♪そして語りましょう(*´▽`*)

はまなかな2018年12月24日 21:20

爆買いしてる!(笑)
すぐ行けるし…と我慢していたけど、これを見たら私も爆買いしたくなってきました…(笑)
らんちゃん駅長とマスキングテープについて語りたいー!

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。