現在の運行状況

読み込み中...
2018年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

たまみかの「足の向くままココロの向くまま」

阪急電車でのんびりお散歩 気ままにブラブラどこへでも

趣味

【キラキラ】これ乗りたい!『のせでん冬の銀河便』

宝塚線川西能勢口駅から川西・能勢方面へ向かう能勢電鉄(通称:のせでん)。

のせでんにはバーチャル駅長をするようになってから、たまに乗りに行ったりしているんですが。

※のせでんについての記事はこちらから...。
「のせでん」タグの記事

 

今週末、11月17日(土)からとっても素敵な列車がのせでんを走るようですよ!

181116-01.jpg『冬の銀河便』という列車、車内の天井に仕掛けがされていて、走行中に星空が広がるのだとか...。

のせでんの公式サイトにイメージの画像がありましたよ。

181116-02.png

▲右側の画像に星座っぽく見えるのはのせでんの社章かしら...

乗ってみた~い!

元々のせでんは北極星を信仰する霊場・妙見山への参拝のために作られた鉄道なんだとか。

以前遊びに行った妙見の森にも『北極星入口』というアート作品があるんですよね。

のせでんでは他にもいろいろイベント列車を運行していますが、特に今回のはステキ!

なんとなくお星さまとのせでんってイメージが合う気がする~。

 

のせでんというと日生エクスプレスという梅田から日生中央までの直通便があったりと、ちょっと都会的なイメージも最近ありますが、山下駅以北は周囲の自然も豊かで、ちょっぴりローカル線気分も味わえる電車。

特に『のせでん冬の銀河便』はいつものマルーン色ではない復刻塗装の列車で運行されますので、なんとなく非日常感を楽しめそう。
(バーチャル駅長の読者さんの中には普通に通勤に使われてる方もたくさんいらっしゃるかもですが...)

180629-59.jpg180629-58.jpg▲以前たまたま乗れた復刻車両^^

復刻塗装車両の車内にはのせでんの懐かしい写真がたくさん飾られていますので、星空以外にもいろいろ楽しめると思います!

 

『のせでん冬の銀河便』が運行されるのは、12月24日(月・祝)までの土日祝日

隔週で山下ー妙見口間山下ー日生中央間のどちらかを走ります。

走る時間帯は17時から20時くらいの外が暗くなるころ。

途中約1分間、車内の照明が消えて星空が楽しめるそうですよ。

詳しい情報は、ぜひ公式サイトでご確認下さいね。

 

180630-09.JPG▲妙見口駅ってこんなかわいい駅。

妙見口駅や日生中央駅まで行った場合、改札をいったん出ることになると思いますが、どちらの駅もそんなには駅の周りに楽しむ場所はありません。

日生中央駅のそばには飲食店などが入っている建物もありますが、妙見口のほうはどうかなあ、駅前にお店がいくつかあるけど夜は閉まってるかなあ...。

たぶん、乗ってきた電車に乗ってまた戻る、といった感じになると思います。

 

でも妙見口駅は静かな場所にあるので、駅舎を出て里山の夜の雰囲気を味わうのもいいかもしれませんね。

ただ、くれぐれも帰りに電車には乗り遅れませんように!

のせでん冬の銀河便

期間:11月17日(土)~12月24日(月・祝)の土日祝日

公式ページ

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。