現在の運行状況

読み込み中...
2016年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

梅子の「阪急沿線行ったり来たり お散歩ブログ」

大好きな阪急沿線を行ったり来たりして、ステキな時間を探しに行こう!

趣味

見入ってしまうサラ・ムーン"KYOTO GRAPHIE"に行ってきました〜!

ずっと楽しみにしていた "KYOTO GRAPHIE" に行ってきました〜

 

IMG_3890_Fotor-20160505-7.jpg

去年は行きそびれてしまったけど、今年は2日間見て回る予定でパスポートも購入

京都の街を歩き回りながら楽しんできました

 

 

"KYOTO GRAPHIE 京都国際写真祭" とは

今回で4回目。

文化都市京都で開催されるフォトフェスティバルで、貴重な作品やコレクションに出会うことができます。

今回は15会場で展示され、その展示の場所も寺院や通常非公開の歴史的建造物、近代建築やギャラリーと様々。

特別な空間での展示は、写真作品に新たなエネルギーを与えていました。

そんな中、全部は見れてませんが雰囲気だけでもお伝えできればな〜と会場の様子をお伝えします

中の作品は場所によっては撮影可なので、これから行く方はご参考にしてくださいませ 

特に楽しみだった "サラ・ムーン" は今回3会場に展示。

 

 

「Late Fall」サラ・ムーン

ギャラリー素形

IMG_3610_Fotor-20160505_1.jpgIMG_3628_Fotor-20160505_2.jpg

詩的な作品で「時の美しさ、不確実さ、儚さ」を制作テーマにしてきた彼女が植物標本や動物の剥製をモチーフとして、独自の世界観を表現している作品群が並んでいます。

あえて暗い室内に作品が並んで、迫ってくるような孤独感は彼女ならではの心の内を表現していて惹きつけられます。

 

 

「Time stands still」サラ・ムーン

招喜庵(重森三玲旧宅主屋部)

IMG_3667_Fotor-20160505_3.jpgIMG_3677_Fotor-20160505_4.jpgヨーロッパ各地を撮影したモノクローム作品だけど、作庭家の重森三玲の旧主屋部に不思議とよく合っていて、寂寥とした風景の作品に、無駄のない整然とした古い家屋がまた違った魅力を添えているみたい。

建築物も見るのが楽しい

 

 

「Sarah Moon 1,2,3,4,5,」サラ・ムーン

何必館・京都現代美術館

IMG_3891_Fotor-20160505_5.jpg

IMG_3782_Fotor-20160505_5.jpgサラ・ムーンの作品集の刊行記念展でもある今回は、他の2会場とはまた違った作品が並んでいます。

何必館コレクションから約80点の作品を見ることができる、詩的で幻想的な彼女の魅力がたっぷり味わえる展覧会でした。

 

 

 

KYOTO GRAPHIE

2016年4月23日(土)〜5月22日(日)

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。