現在の運行状況

読み込み中...
2016年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

梅子の「阪急沿線行ったり来たり お散歩ブログ」

大好きな阪急沿線を行ったり来たりして、ステキな時間を探しに行こう!

趣味

旅する詩人のコラボ『歩く詩人 ワーズワスと芭蕉』

先日、伊丹市柿衛文庫で催されている特別展『歩く詩人ーワーズワスと芭蕉』展に行ってきました〜

 

 

 

IMG_0173_Fotor-20161024_1.jpg 

 

 

今回の特別展は柿衛文庫に所蔵されている芭蕉の句短冊や画巻と、それに合わせてワーズワストラストが所蔵している詩人ワーズワスの貴重な直筆の書簡や草稿を見ることができる特別展。

ワーズワスのものは初来日でなかなか見ることができない貴重なものなんです。

 

また、ワーズワスと芭蕉に触発された日英の現代美術家・音楽家・詩人が制作した作品も展示されていて、彼ら第三者の目を通しての、ワーズワスと芭蕉を感じることができる面白い企画でした。

 

 

 

IMG_0174_Fotor-20161024_2.jpg 

 

 

今回は特に芭蕉の所蔵品の中から、旅をテーマに展示をされています。

 

芭蕉の有名な "ふる池や" は、数ある句短冊は贋作が多い中、こちらは本物とのこと。

これだけでも見れて嬉しくなりますが、芭蕉筆旅路の画巻では、芭蕉の繊細で豊かな表現力が句だけでなく画でも見て取ることができます。

 

ワーズワスが生きた時代背景の資料と、肉筆の手紙や妹のドロシーのノートなどを見ていると、今まで文字だけだったワーズワスが立体的に感じられてきました。

ワーズワスと芭蕉はともに自然を愛し、歩くことで自らの感性を研ぎ澄ませ、作品に凝縮させて表現したところが共通した作家。

その二人の歩んだ人生の軌跡も資料で追うことができます。

 

 

作品だけではなく作家の生きた背景やエピソードを知ると、作品も急に深みを増すような気がしますね。

この貴重な特別展は11/3(木・祝)までです

 

 

 

 

柿衛文庫

特別展『歩く詩人ーワーズワスと芭蕉』

9/17(土)〜11/3(木・祝) 

【住所】伊丹市宮ノ前2-5-20
【電話番号】 072-782-0244
【営業時間】午前10時〜午後6時(入館は5時30分まで)
【定休日】月曜日(祝日にあたるときはその翌日)

【観覧料】

一般700円 大高生450円 中小生350円

【公式HP】http://www.kakimori.jp

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。