現在の運行状況

読み込み中...
2016年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

梅子の「阪急沿線行ったり来たり お散歩ブログ」

大好きな阪急沿線を行ったり来たりして、ステキな時間を探しに行こう!

趣味

癒されるオルゴールの優しい音色♪『神戸べっぴんオルゴール』

先日、六甲山上にある『六甲オルゴールミュージアム』『オルゴール組立体験』に参加してまいりましたが、今開催している特別展『神戸べっぴんオルゴール』も見てきました〜

前回のブログはこちら

バーチャル駅長の役得でご招待いただきました。ありがとうございました。

 

 

 

IMG_4570_Fotor-2017-120_15.jpg

 

 

特別展『神戸べっぴんオルゴール』は連続テレビ小説『べっぴんさん』のヒロインのモデルである、ベビー子ども服メーカー『ファミリア』の創始者の中のお一人、坂野惇子氏の夫で同社の元会長、坂野道夫氏の珠玉のオルゴールコレクション約50点を展示しています

 

 

 

IMG_4501_Fotor-20170120_2.jpg 

 

コンサート展示室では実際に、坂野道夫氏が大切にしていたコレクションの中から、毎回違うオルゴールを2、3台ずつ聴くことができます

 

 

IMG_4506_Fotor-20170120_3.jpg 

IMG_4504_Fotor-20170120_4.jpg 

 

このオルゴールはアメリカ製で1900年ごろのものです。 

もともとオルゴールは、スイスで時計の技術から発展してできたものだそうです。

緻密な歯車の技術から人が直接楽器を演奏しなくても音楽を楽しむことのできる装置が生まれました。

人がたくさん集まる場所に、今でいうジュークボックスのような感じですね

 

 

 

IMG_4509_Fotor-20170120_5.jpg 

 

 

デザインもいろいろなものがあって、コレクションしたくなるのもわかる気がします

こちらのオルゴールは1880年ごろのもの。

100年以上前のものですが、心を癒す素敵な音を聴くことができます

 

  

IMG_4516_Fotor-20100120_30.jpg 

 

こちらはアメリカ製で1910年。

オルゴールと蓄音機の兼用機です。

こちらのオルゴールで『べっぴんさん』のテーマ曲『ヒカリノアトリエ』(Mr.Children)を聴かせていただきました

オルゴールの音色は聞いていると、不思議と優しい気持ちになりますね

 

 

 

 

他にも、坂野惇子氏と創業者のお一人、田村江つ子氏が描いた油絵も展示してありました

やはりクリエイティブな仕事をされたお二人の、感性の豊かさが伺えます

 

 

IMG_4536_Fotor-20170120_8.jpg 

IMG_4538_Fotor-20170120_6.jpg 

 

 

こうして当時のオルゴールの音色や実際に描かれた油絵に触れると、坂野道夫・惇子夫妻のものづくりに対する想いに触れた気がします

べっぴんなオルゴールのコレクション

このまたとない機会に美しい音色を聴いてみてはいかがでしょう

 

六甲オルゴールミュージアム

https://www.rokkosan.com/museum/

 

 

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。