現在の運行状況

読み込み中...
2017年度バーチャル駅長※記事の更新は終了しています。

ヤスコの「宝塚から#ガタゴト#テクテク」

阪急電車と一緒に!自分時間に合わせた楽しみを探しに行きましょう!

暮らし・地域

正岡子規もこのあたりを歩いた??石碑1つで明治時代へタイムスリップ!

教科書や大河ドラマに出てくる人名・地名・建造物に歴史を感じるのは皆同じだと思います。京都や奈良の神社仏閣もそうですし、古墳でもそう。ああ、昔もここで人が生活していたのだなぁと容易に思い浮かべることができると思いますが、自分の住んでいるところや阪急沿線にお出掛けをした場所が、昔の人々の生活とつなげて考えることはなかなか難しく、そこに歴史上の重要人物が絡んでくるとなるともう驚きしかありません

お正月に福めぐり巡礼ウオークをして知ることになった萩の寺・東光院に正岡子規が訪れていたという話。行くまでは全く知りませんでしたが、阪急電車宝塚線沿線まちあるき手帖の42ページの曽根駅のところにもちゃんと正岡子規の句碑のことが載っていました。

あっ、俳人の正岡子規の生き様が好きなんですよ~。過去の記事で呟いていますのでこちらをご覧ください法隆寺虚子記念文学館

でも私・・・これだけではなかなか納得できない性格でして・・・。というのも、正岡子規は1867年に生まれ、1902年に亡くなっています。ところが曽根にある東光院は1914年から今の土地とのことで正岡子規が訪れたのは曽根ではないんです。大阪・中津にあったそうで お引っ越し前の中津では1000年以上の歴史があったお寺。そんなに歴史のあるお寺があったことがわかるようなものは何かないのだろうか?と思ったわけですね~。

そんな目でもう一度、阪急電車宝塚線沿線まちあるき手帖の中津駅ページを見てみますと・・・なんとなんと15ページに見つけてしまいました【元萩之橋の石碑】やっぱりあるんや

20180304-01.JPGちょうど梅田に用事で出た3月1日。行きましたありました青いコンビニの前に

20180304-02.JPG昔、大変に賑わっていたという能勢街道沿いにあります。そしてこの萩之橋は萩の寺の前にあったそうです今もこのあたりは楽しいお店がたくさんありますが、「え?このあたり正岡子規も歩いたとか思ったらこの石碑1つでどれだけ楽しめたか

20180304-04.JPG石碑を見つけたら後ろを見よ(そのことを書いたのは宝塚駅にある七福神の石碑の記事)またここでも思い出しまして・・・。青いコンビニとのわずかな隙間から撮りました 昭和12年(1937年)1月に作った石碑だそうです。なんでがついてるんかな~と思っていたんですが、お引っ越し後20年以上してから作ってるからがついているんですね~。

20180304-03.JPG有志で建てたもののようですが、これを作ってくれていなかったら何もわからなくなってしまっていたかも本当に感謝ですね

街中の石碑、一つ一つ丁寧に見ると面白いなぁとは前から思っていましたが、あちこちの歴史と繋がるともっと面白いですそんな話を職場でしましたら萩の花が咲く頃、そのお寺に行きましょう!ということに。石碑1つでどんどん広がりますね じゃ、それまでに正岡子規が萩の寺を詠んだ俳句をちゃんと勉強していこっともちろん池田文庫で!(正岡子規で蔵書検索したらものすごい量でした!)

※経路はgooglemapが選んだルートで、最適ルートと異なる場合があります。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。