現在の運行状況

読み込み中...
沿線へお出掛け

茨木市の歴史発見まち歩きツアー!

こんにちは、まち歩きのスナフキンです。

さて、今回は、阪急京都線沿線観光あるきから、茨木市の「旧茨木城下コース」をご紹介します。

以前ご紹介した高槻市もそうでしたが、「え、茨木にお城?」と思った人が多いのではないでしょうか。

茨木城は鎌倉時代から室町時代への過渡期に、
楠木正成(くすのきまさしげ)によって築城されたといわれています。

その後、江戸時代に一国一城令が布かれるまで、
現在の茨木小学校あたりに、本丸があったそうです。

それでは、コースを順にたどっていきましょう。

阪急茨木市駅西口を出て、高架沿いを南茨木駅の方向へ進むこと、約600メートル、
茨木高校の正門前に出ます。文豪 川端康成の母校でもあります。

ibarakiaruki1.jpg

そして、この茨木高校を左手に見ながら北へ進むと、

ibarakiaruki2.jpg

何やら、史跡的な雰囲気の場所に到着。

立て札を読んでみると、「茨木童子」にゆかりのある場所だそうです。
茨木童子はこの場所で、自分の顔が鬼のような形相になっていることに気づき、
丹波の山奥へ入っていったということ・・・

そして、駅前通り(府道139号線)をわたって、
さらに北へ進むと、茨木神社に到着!

ibarakiaruki3.jpg

茨木市民憩いの神社で、多くの参拝客で賑わっていました。
そして、ここ茨木神社で、旧茨木城の遺門を発見!

ibarakiaruki4.jpg

案内板によると、茨木城の裏口である搦手門(からめてもん)であったそうです。

このあと、さらに北へ進み川端通りに合流し、史蹟を巡り歩いた後、
タイムトンネルを発見!

ibarakiaruki5.jpg

「まるまた」と呼ばれるトンネルです。
このトンネルには、高槻城の下石が使われていると言われています。
向こう側には、江戸時代を思わせるような旧家が・・・。
確認したところ、こちらは、伏見屋さんという地元茨木で創業明治二十四年の老舗のお豆腐屋さん。

この道を直進して、信号機のある通りにでると、伏見屋本店があります。
こちらでは、豆腐、こんにゃく、豆腐を使ったスウィーツ等があります。
観光あるきのパンフレットに10%引きのクーポンがついていますので、ご利用ください。

さて、ここまで来たところで、南へ折り返しとなります。

阪急茨木市駅までの帰路の途中、
茨木城の本丸があったとされる、茨木小学校の前を通ると、

ibarakiaruki6.jpg

城門を発見!
茨木城の櫓門(やぐらもん)を原寸大で復元したものだそうです。

この後、阪急本通の商店街を抜け、阪急茨木市駅でゴールとなります。

みなさん、いかがでしたでしょうか。
茨木市の意外な歴史を発見できて、タイムスリップ気分に浸れるコースだとは思いませんか?ぜひ、一度訪れてみてくださいね。

そして、「もっと詳しく知りたい!」というみなさんにご案内です。
3月2日(土)には、茨木市観光協会の協力のもと観光ボランティアガイドさんによる、
このコースの無料ガイドツアーが開催されます!

詳しくはこちらをご覧ください。
なお、事前申込制ですので、お早めにお申込ください。(申込方法はこちら

以上、スナフキンでした。

関連記事

阪急阪神公式ブログ一覧

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。