現在の運行状況

読み込み中...
グルメ

うめだ阪急で 一保堂茶舗 日本茶カフェ

阪急うめだ本店 10階催場にて 9月8日(水)〜14日(火)まで開催
阪急スイーツショー 2010
40店の和洋菓子のお店が集結し、人気パティシエが日替わりで登場するという豪華イベント。

京都市役所の北側にお店を構える、京都の日本茶専門店「一保堂茶舗」日本茶カフェが登場するということで行ってきました。
ちゃんと座れるスペースで、よかったですよlovely

日本のお茶の歴史は、1191年に栄西が宋の国から茶の種と抹茶の作法を持ち帰ったことから始まります。
抹茶は、摘んで、蒸して石臼で挽いてと手間がかかる上、茶葉を丸ごと使用するので上質なものを使うことが必須になります。

「抹茶色」は1000年近く前から存在してきた自然の色。
色・アロマ・独特の苦みと甘みと旨みを楽しむ習慣は日本の生活に長年根ざしてきたものです。
理屈ではなく抹茶が好きな人が多いのはそのためかも。

また、抹茶を含む日本茶には発がん作用抑制・成人病予防・美容・リラックス・デトックスなどの効能があり、インフルエンザウイルスの感染を防止することでも注目されています。 
抹茶やほうじ茶はスイーツの素材としても人気を集めていますね。

cafe秋限定 抹茶「月影」と北山のパティスリー Comme Toujours (コム トゥジュール)のガトーショコラと一緒に 840円
ガトーショコラはきめがこまかく、チョコも控えめな主張で抹茶とよくあってました。

ippodo1.jpg

さて、こんな手間のかかる長旅を終えた抹茶は高温多湿、そして匂いを嫌うデリケートな存在。
家庭で手軽に淹れることはできますが、最後で粗雑に扱っては台無しです。
最初に抹茶を茶こしでふるっておくと仕上がりがクリーミーに。
そして、泡立てるためにはやはり本来のお道具の茶せんが一番です。
手入れは必要ですが、こうした手間暇かけてこそおいしさが得られるのです。

ippodo2.jpg

京都のお店にいらっしゃる方は、レンタサイクル西院が便利です。

shiyakusyo.jpg
(京都市役所)

一保堂茶舗 京都本店
住所:京都市中京区寺町通二条上ル
営業時間:9:00〜19:00(日祝は18時まで)
休まず営業(正月を除く)

喫茶室嘉木 11:00〜17:00
休まず営業(年末年始除く)

Comme Toujours (コム トゥジュール)
住所:京都市北区小山元町50-1
電話番号:075-495-5188
営業時間:10:00〜19:30
定休日:水曜日


レンタサイクルに挑戦してみようという方は
bicycle0からのレンタサイクル 〜概要と設置駅〜bicycle
bicycle0からのレンタサイクル 〜ご利用ガイド〜bicycle
bicycleオリエンテーション 〜レンタサイクル西院〜bicycle

※本記事の一部のコメントは、阪急レンタサイクル公式ブログとして提供すべき話題と関係の無いものでしたので、運営元である阪急電鉄都市交通計画部の判断で削除させていただきました。
(2010/9/13 追記)

関連記事

この記事へのコメント(10)

ゆかり2010年9月13日 22:48

猫轍守衛さん

いやいやふざけすぎではありませんけども(笑)
確かに、昔はお茶はお薬でしたけど、基本的に食べ物だけで病気を治す、なんていうのには限界があると思いますよ。
あくまでまったり、リラックスするためのものですね。
だから理系クンには抹茶好きが多いのか、関係ないか。

猫轍守衛2010年9月13日 17:01

>抹茶を含む日本茶には発がん作用抑制・成人病予防・美容・リラックス・デトックスなどの効能があり、インフルエンザウイルスの感染を防止することでも注目されています。 
だからってお茶を大量に飲んだ上でコーヒーやコーラの類まで飲んでたり市販の眠気覚まし薬と併用していたりするとそのうちカフェイン中毒起こすぞ〜と(笑)
まあ入院しなければならない程重症になるのは稀なケースなのでしょうけどw
……ふざけ過ぎましたか、すみません。

ゆかり2010年9月10日 00:34

お抹茶を一緒に楽しんだ人(がらしゃさん)

なんか今日1日賢いコメントが連続して「頭がウニ状態」になっているゆかりです。こんばんは。
茶室の「にじり口」というんでしたね。ボキャ貧ですわ(笑)昔の人は小柄だったんだなぁとか、背の高いオットはそもそも入れるんだろうかとか、そんなしょーもないことを考えておりましたよ。
そんながらしゃさんは確かに「正統派・お茶碗」ってイメージです。
そうそう、一保堂茶舗のCAFEは、あとで冷たいほうじ茶を出してくださったのもよかったですね。

お抹茶を一緒に楽しんだ人2010年9月10日 00:23

昨日は夕方からのデートで、ホンの少ししかお会いできませんでしたが、一保堂茶舗のCAFEはなかなかよかったですね。
私はお茶碗でしたけど、お家で気軽に楽しむならカフェオレマグなどでも面白そうですね。
お茶といえば・・・千利休をまず思い浮かべますが、その利休の弟子・・・利休七哲の一人に、細川忠興氏が入っているのはなんだか嬉しかったりします(笑)。
重陽の節句の前日に、ゆったりした気持ちでお抹茶タイム・・・お茶の銘も奥ゆかしく「月影」とはなんとも雅ですね。季節を愛でる気持ちには菊を用いなくても十分な気がしました。

あ・・・お茶室のにじり口が小さいのは「貴賎問わず頭を下げて入る・・・つまり平等であること」と聞き及びます。
お茶室を見ると厳粛な気持ちになりますね。
謙虚にならないと近寄れないというか・・・。何もかもそぎ落として向き合う気持ちこそが大事なことだと思いました。

ゆかり2010年9月 9日 22:30

かいつうCANさん

お茶はもともとお薬だったんですね。
確かに茶室の入り口ってなんであんな小さいんでしょうねぇ?かいつうCANさん難儀しそうです(苦笑)

実は着物も持ってるんですが、なんせお姑さんが着付けの師範も持っておられて、おまけに私のウエディングドレスも縫ってくださったスーパー主婦のような方でしてね・・・不良嫁は中途半端なことするくらいならと、封印してたりするんですよ(笑)自転車なんて乗った日にゃ、卒倒されそうですね。

かいつうCAN2010年9月 9日 19:55

栄西といえば喫茶(養生記)。喫茶といえばカフェ、と。栄西さまも喫茶という言葉がこんな変化をとげてるとは夢にも思わないでしょうね。僕もはるか昔に成人病予防(主に血糖値関係で)に粉末緑茶を牛乳とかに溶いて飲んでました。

僕は某お寺の大茶盛りを手伝っていたころに(かなり前ですが)、「お手伝いの方もどうぞ」て言われて、譲り合いながら中に入ったんです。僕はまったくの無知だったんで、なんとか一番最後のポジションを獲得して他の人の真似をすればいいや、と安心していたら・・・いちばん端っこだった僕「からスタート」になってしまって、大汗をかきましたよ〜。はあ・・・・。

関係ないですが、大茶盛りはいいんですが、水屋は基本的に狭く作ってあったりするところもあるので、僕みたいなのには出入りが大変かも(苦笑)。

抹茶スイーツだけじゃなく、10月11月になったらあちこちでもよおされる茶会情報も期待してま〜す。レンタサイクルできっちりした着物で・・・は無理か(笑)。

ゆかり2010年9月 9日 14:55

ロゼ子さんもいらっしゃったのですね。
私は夕方頃行きました。

日本茶カフェに惹かれて行ってきましたが、スイーツショーに圧倒され、歩いて見てるだけでお腹いっぱいでしたわ(笑)
あれだけそろうイベントってすばらしいですよね。

ロゼ子2010年9月 9日 09:29

私もスイーツショーの初日に伺っていました。

私が伺ったときは、一保堂さんのカフェも場内もかなりの人で賑わっていて、
お目当てのものをせっせと手に入れて帰ってきました(^^)

最初に抹茶を茶漉しでふるうとクリーミーになるんですね。
こいう一手間が仕上がりに差がでるんでしょうね。

お抹茶がコーヒーカップに入っていて斬新ですね。
ですが意外とマッチしていて飲みやすい気がします。

ゆかり2010年9月 9日 07:47

某マダムさん おはようございます。

デパートのイベントネタでこんな高尚なコメントをいただけるとはうれしいです。ありがとうございます。
小林一三氏も 椅子での喫茶もできる新方式を取り入れ、伝統と近代生活との見事な調和をはかったお方でしたね。

写真でご覧になれる通り、一保堂茶舗さんも、抹茶を入れるのにこうしてコーヒーカップを使われていました。なぜか一緒に行った方はお茶碗でしたけども、イメージで選んでおられるのですかと聞く勇気はなく(笑)

イベントスペースって立ったままであったり、キチキチで落ち着かないこともあるのですが、今回は割とゆったりできまして、カウンターにて淹れ方が見えるのもよかったです。
大きめのお茶碗でしっかり泡だてて淹れてからカップに移しておられました。

ちなみに私だけおいしい抹茶をいただいてきたわけではなく、月影は早速買い求めまして、抹茶好きの理系オット(抹茶と理系は関係ないか!)にも食後にお出ししましたよ〜
「秋限定」のお茶と言うだけでも、そして季節のお茶菓子を合わせるだけでも、季節の移り変わり、自然とのつながりを感じることができますね。忙しい男性にもそういったひとときをもっていただければと思います。

某マダム2010年9月 9日 01:52

実は実家の自分の部屋が茶室のマダムで御座居ます、こんばんは。
畳の一部を上げて、茶釜をひっぱりだせばお茶席(会)対応可能で御座居ます。
と、そんなことは置いておいて。

茶道にも華道と同じく、流派があり
有名な所で、表千家、裏千家、武者小路千家などが御座居ますが
いずれの流派も「もてなし」や「こころ」を重要としています。
お作法やお点前はそれぞれに順序がありますが、根本の所は繋がっているのかな、と。

点てたお抹茶や、出された練切をそのまま頂くのではなく、
点てて下さった方に対してや、周りの客人に一礼。
いただく前に、お茶碗の色柄をしっかりと拝見致しまして。
お抹茶や和菓子を頂く前に、様々なことに感謝と尊敬の念を抱き
そして静寂の空気のながれを慈しみ、余裕を持って全てを愉しむ、ということ。
更に各々がその静寂な空間の「空気」を読み進めること。

茶道でなくても、日常生活で大切にしたい「こころ」。
茶の世界からの学びは沢山あるように感じます。

とか言って、私、お手前はすっかり忘れておりますし
こういった真面目な話は華道の話含めて一切普段の生活で口外致しませんので
なんだか恥ずかしくなってきました。(ああ、説得力がなくなりました

なにはともあれ、こうしてお茶の歴史と伝統が続いていることで、
こうしてカフェのスイーツとしてお抹茶が応用されたり、
今ではnana's green teaの様な抹茶カフェの様なお店が出来たりと
生活と共に変化を富みながらお茶が現代にマッチングしていくことは
個人的には嬉しいことでもあります。
昔からのことを受け継ぎながら、新しいことにもチャレンジ!という所が。

余談ですが、何故か我が母校には岡倉天心像がありまして(経緯は謎)
美術に精通した岡倉天心もお茶にはこだわりがあった様です。
小林逸翁氏も茶道にこだわりを持たれていたようですし。
やはり何かを生み出すには、心の余裕というものが重要なのかもしれませんね。

長文失礼致しました。

阪急阪神公式ブログ一覧(アーカイブ)

阪急ハイキングスタッフ・まっちゃんが行く 阪急沿線ハイキング 日記
ゆめまちこちゃんのひだまりカフェ(阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト通信)

路線図から入力

路線図 京都河原町 烏丸 大宮 西院 西京極 桂 洛西口 東向日 西向日 長岡天神 西山天王山 大山崎 水無瀬 上牧 高槻市 富田 総持寺 茨木市 南茨木 摂津市 正雀 相川 上新庄 淡路 崇禅寺 南方 十三 中津 大阪梅田 上桂 松尾大社 嵐山 下新庄 吹田 豊津 関大前 千里山 南千里 山田 北千里 柴島 神崎川 園田 塚口 武庫之荘 西宮北口 今津 阪神国道 夙川 芦屋川 岡本 御影 六甲 王子公園 春日野道 神戸三宮 花隈 高速神戸 新開地 稲野 新伊丹 伊丹 門戸厄神 苦楽園口 甲陽園 甲東園 仁川 小林 逆瀬川 宝塚南口 三国 天神橋筋六丁目 庄内 服部天神 曽根 岡町 豊中 蛍池 石橋阪大前 池田 川西能勢口 雲雀丘花屋敷 山本 中山観音 売布神社 清荒神 宝塚 桜井 牧落 箕面 神戸線 大阪梅田~十三 宝塚線 京都線 阪急沿線以外・その他

駅名検索 入力確認

入力された文字列に該当する駅はありません。