現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

商品化許諾について

阪急電鉄の車両等をモチーフにした模型やおもちゃ、文具、食品など、商品化のためのお問い合わせはこちらのページをご確認ください。
鉄道ファンやお子様にご愛用いただける商品づくりをお手伝いいたします。

商品化の流れ

  • STEP1 申請

    STEP1.申請

    当社許諾担当窓口宛に会社概要・企画書・デザインイメージをご提出ください。
    企画書内には以下事項をかならずご記載いただきますようお願いいたします。

    ①商品名 ②販売価格(税抜) ③製造数量 ④販売場所 ⑤販売期間

    ※商品化許諾を申請いただけるのは法人のみとなります。
    ※手続きに必要な日数は申請書提出から約2カ月程度となりますが、内容・申請時期等により変動いたします。予めご了承くださいませ。

  • STEP2 許諾可否判断

    STEP2.許諾可否判断

    企画書の内容をもとに、許諾可否を社内で確認させていただきます。

  • STEP3 デザイン監修
    (確認・修正)

    STEP3.デザイン監修(確認・修正)

    商品の意匠・デザインの詳細が確認できるデザイン画などの書類、成型サンプルなどをご提出いただきます。
    デザインは当社で監修させていただき、修正をお願いする場合がございます。
    予めご了承くださいませ。
    ※商品本体・パッケージ・タグ等には『阪急電鉄商品化許諾済』の表示をお願いします。
    ※監修期間は企画内容やデザインにより異なりますが約1か月程度かかる場合がございます。

  • STEP4 契約締結

    STEP4.契約締結

    社内決裁のうえ、商品化許諾契約の締結手続きをさせていただきます。
    契約期間は1年となり、延長となる場合は都度覚書の締結が必要となります。

  • STEP5 製作・販売

    STEP5.製作・販売

    最終サンプルを1点ご提出ください。

  • STEP6 許諾料のお支払い

    STEP6.許諾料のお支払い

    実績報告書をご提出いただきます。報告書をもとに請求書を発行させていただきます。

お問い合わせ先

必ずこちらのよくある質問をご確認のうえ、以下よりお問い合わせくださいませ。

よくある質問

阪急電鉄の許諾商品には、どんなものがありますか?

衣類、食品パッケージなどが商品化されています。

商品化に関する写真や映像は、貸していただけるのですか?

阪急電車や駅舎などの写真素材はお貸出し可能なものもございます。 別途料金が発生する場合もございます。

  • ※映像素材はございませんので、弊社担当者同行の上、撮影する必要がございます。
    (別途料金が発生いたします)

商品化に関し、使用料はかかるのでしょうか?

商品化にあたっては、所定の許諾料を頂戴しています。

個人で商品化して販売したいのですが?

大変申し訳ございません。個人のお客さまとの許諾契約は行なっておりません。

商品と一緒にその商品のカタログやチラシを作ってPRしたいが、こうした商品以外の広告物も申請が必要ですか?

広告物も申請が必要です。商品の申請時に、そのカタログやチラシの原稿など広告物も添付して一括で申請してください。申請後に追加でカタログ・チラシを作成する場合は再度申請をお願いします。

かわいいデザインの阪急電車グッズ「Hankyu Densha」シリーズのデザインを使った商品製作をしたいのですが…

「Hankyu Densha」シリーズのデザインも一部商品に限り許諾可能です。
お問い合わせの際にご希望のデザインを明記のうえお問い合わせください。

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2