現在の運行状況 現在、20分以上の電車の遅れはございません

車両図鑑

9000系

9000系は、「すべてのお客様に快適な移動空間」をコンセプトとして、「快適な車内空間の提供、優れたサービス機器の導入、交通弱者に対するバリアフリー」を重点仕様として建造した車両です。神戸線・宝塚線で運用しています。

阪急電鉄の伝統である上品で落ち着いた車両とするとともに、お客様のニーズや最新の技術を取り入れ、高機能・高品位な次世代の標準車両を目指しました。
前面形状は、従来の車両よりも後退角度を増すことでスピード感を出しました。また、屋上をすっきり見せるため、列車無線アンテナにカバーを設けるとともに、レール方向には空調装置にもカバーを配して一体感を持たせています。

特記事項

側窓

1枚窓をイメージした大型窓枠で、開放感のある側面とし、車内からの視界を広くしました。窓ガラスは、2枚のガラスの間に空気層を設けた複層ガラスとし、車外側のガラスには紫外線カット率92%のUVカットガラスを採用。断熱効果を高め、静かで快適な車内環境を実現しています。

室内照明

半間接照明を採用し、明るさを確保しつつ落ち着いた雰囲気を演出しています。また、つり手受けを冷風吹出し口に設けることで、すっきりとした車内空間を創出しています。

空調装置

空調装置の冷房能力を高めるとともに、除湿機能や急速暖房機能を備えています。制御は全自動のPMV(熱的快適性評価指数)快適空調制御とし、気象データ・車内温度・車外温度・湿度・乗車率・扉の開閉状態等の条件に応じて、最適となる空調温度をマイコンで管理し、常に快適な車内環境を保持することができるようにしています。

運転台

3面構造のコックピットタイプで、モニタ画面を運転台デスク前面左手に設置し、従来のスイッチ関係も操作性のよい場所に配置しました。

主幹制御器には、従来のT形ワンハンドルを採用し、電流計・電圧計・圧力計等はアナログ表示として回路の簡素化を図っています。

車両諸元

車両形式 9000系
運用線区 神戸線、宝塚線
製造初年 2006年7月
定員(座席定員) 131(50)
最大寸法 長さ×幅×高さ 19,000×2,750×4,095(mm)
車体材質 アルミ
台車 FS-565
主電動機 200kW×4
空気ブレーキ方式 HRDA-1
電気ブレーキ方式 回生ブレーキ
  • 代表的な形式や数値を記載しています。
  • 運用線区については、現在運用している線区だけでなく、運用可能な線区についても記載しています。

※画像ダウンロード ご利用上の注意

  • 個人がパソコン等の背景として使用することを目的としています。 商業利用、企業宣伝等には利用できません。
  • 画像データの再配布はご遠慮ください。
  • ご使用にあたり、パソコンの画面サイズ等に合わせた画像サイズの変更は可能です。
  • お使いの機種やバージョンによってはご利用いただけない可能性がありますので、ご了承ください。