現在の運行状況 お詫びがございます

バリアフリーへの取り組み

安全・快適・環境の取り組みTOPへ

車いすのイメージ

阪急電鉄では、ご高齢のお客様や身体の不自由なお客様等にも駅や電車を快適にご利用いただけるよう、バリアフリー化を推し進めています。

音声ガイドシステム

1995年の阪神淡路大震災で倒壊した伊丹駅は、目の不自由なお客様へのご案内として当時としては画期的な音声ガイドシステム等を備えた駅として再建され、現在でもバリアフリーのモデル駅として全国的に高い評価を受けています。駅については、交通バリアフリー法と沿線各自治体が策定する交通バリアフリー基本構想に沿って、単なる鉄道乗降の場としてだけではなく、地域の交通結節点としてお客様をお迎えできる施設づくりをめざしています。
なお、当社の駅のバリアフリー化状況は次表のとおりです。

バリアフリー化の状況 (2019年7月1日現在)

エレベーター、スロープ設置等により
バリアフリー化されている駅
身体障害者用トイレが設置されている駅
79駅(整備率約90.8%) 83駅(整備率約95.4%)内、69駅には
オストメイト対応の水洗器具を設置しています

(大阪地下鉄との共同使用駅である天神橋筋六丁目駅を除く全駅87駅対象)

エレベーター・エスカレーターが設置されている駅 (2019年7月1日現在)

エレベーターが設置されている駅 エスカレーターが設置されている駅
68駅 184基 42駅 248基

(大阪地下鉄との共同使用駅である天神橋筋六丁目駅を除く全駅87駅対象)

車いすスペース

一方、鉄道車両については、新造車両1000系の各車両に車いすスペース、転落防止幌、扉開閉予告灯、車内案内表示器を設備し、車いすスペースは動線を考慮しスペースの拡大を図っています。
さらに、駅係員に対して、各種バリアを自ら体験する教育を実施しているほか、サービス介助士の資格取得も推進しています。

ハンドル形電動車いすのご利用について

バリアフリーに関するハード・ソフト取組計画、取組状況等について

阪急電鉄では、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(バリアフリー法)に基づき、ハード面・ソフト面に関する「取組計画書」を作成・提出しております。
最新の内容については、以下をご覧ください。

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2

現在3月14日からの神戸線ダイヤ一部変更には対応しておりません。