現在の運行状況 お詫びがございます

安心、快適、夢、感動 阪急未来線

サービス情報 京都方面

洛西口~桂駅間プロジェクト「TauT(トート)阪急洛西口」第1期エリア開業

高架下を活用した新たなまちづくりを行っています

洛西口~桂駅間プロジェクト「TauT(トート)阪急洛西口」第1期エリア開業

京都市とともに開発を進めている阪急京都線・洛西口~桂駅間の高架下エリア「TauT阪急洛西口」について、先行開業する第1期エリア(洛西口駅付近)が2018年10月22日(月)にグランドオープンしました。
「TauT阪急洛西口」は、連続立体交差化事業(鉄道高架化)により生み出された総延長約1km、面積約11,200㎡の高架下空間であり、『行きたい 住みたい KYOTO 洛西口 ~ヒトとヒトをつなぐ エキはマチの縁側(えんがわ)~』をコンセプトに、「訪れたい」「新たに住みたい」「将来にわたって住み続けたい」と思っていただけるエリアを目指して開発を進めており、2020年の全体開業を予定しています。
第1期エリアは、「地域の魅力を再発見するエリア」と位置付け、地元京都で人気の店舗や地元企業による店舗を中心に誘致しました。一部の飲食店では地元大原野地域の野菜を使ったメニューを提供していただいたり、エリアの植栽工事を地元企業に依頼したりしながら、なるべく地域の企業・団体との連携を意識して進めています。
今後も、出店店舗・施設等や周辺の学校・団体・企業との連携を模索しながら、“ヒトとヒトをつなぐ”京都の新しいまちづくりにつながるエリアの実現を目指して取り組んでまいります。

  • 洛西口駅改札前に店舗ができ、駅がより便利になりました。

  • 高架下にひと休みできる空間も整備しています。

担当者インタビュー

京都の新しいまちづくりにつながるエリアへ

このプロジェクトは、中間駅での高架下活用のモデルケースとすべく、新たな取組みとして行っています。商業利用として魅力的な店舗を誘致するだけでなく、エリア全体の高架の柱に順番に番号を付けたり、地域情報を紹介する看板を設置したりして、楽しく歩いてもらえるような仕掛けもデザインしています。
プロジェクトを通して、ヒトとヒト、地元の企業や団体が有機的につながることで、新たな魅力が生まれることを願っていますが、ローカルな場で新たな取組みにチャレンジしていく中で、地域の魅力的なヒト・企業に出会えることは大きなやりがいです。実際に、地元のイベントなどにも参加するなかで、地域のことを真剣に考えておられるNPOの方や、地元の野菜をブランド化して売り出されている農家団体などとも意見交換させていただいてきました。今後も、京都を中心とした地元の学校や団体との連携を模索しながら、地域の方々に活躍していただける場をつくっていくことで、このエリアに「関わりたい」「訪れたい」「新たに住みたい」「住み続けたい」と思っていただけることを目指します。

※ 記載の内容は、2019年2月時点での情報です。

阪急電鉄(株)
えきまち事業部

永田 賢司

詳細ページへ

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2

2019年10月1日に運賃改定を予定しておりますが、表示運賃はすべて現行の運賃です。